タグ:starchannel ( 4 ) タグの人気記事

Top

これまで、機会はあったけど、面白くなさそー、と観なかった映画。ちょっと観てみたら、面白い!と、まあ大半の方のレビューもいいよね。なにしろ、金持ちから盗んで庶民に配る、っていうだけで、ストーリー的にはマルだわ。その方法っていうのが、大観衆の目前でマジックショー形式♪ それに、俳優陣もいい。マーク・ラファロにモーガン・フリーマンにウッディ・ハレルソン。

けれども、メンタリストがやばい。すごーく要の部分の「マジック」は、ウッディ・ハレルソン演じるところのメリット・マッキーニのメンタリズムです。人を催眠術にかけておいて、マジックワードで行動を簡単にオンオフできるとか、そういうのアリ? マジックワードを発したら、観客がFBIの動きを阻止、というのはまあいいとして、金庫から5億ドルを移動させる電話をさせたり、できる。とか。その部分だけコメディ仕立て,,,

メリットが「ミュータントでした!」っていうのなら一本筋が通ってるけど、それじゃあ、マジックじゃなくてミュータントの映画だし。なんていってはみても、2ができて、その後3も製作中みたいなので、みんな、それでいいんだねw まあ、痛快なのはわかるんだけど。
a0027014_12280979.jpg
マジックものなら、「プレステージ」の方が100万倍好き。あれも怪しい機械が登場するけど、でも、時代が違うし、ラストの衝撃も桁違い。と言いながら、グランド・イリュージョン2を観ようとは思う。はは

[PR]
by easternsky | 2018-01-29 12:46 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_18460306.jpg
子供のころからコングファン。ゴジラ好き。もっとひどい出来なのかと思ったけど、コング映画として正しく楽しめました。

登場人物には必ず、コングの味方の良い人間たちが登場。彼らの理解を得て、最後には助け、助けられる、というお約束のストーリーのはずなので、エンディング的には安心なんだけど、途中、人間にどの程度痛めつけられのか、そこが耐えどころ。

最初の方で、米軍ヘリに取り囲まれた時、あー、もう見たくないわ、と見るのをやめたんだけど、少し経ってまた見てみたら、ある程度ダメージを受けつつも、ヘリをバキバキに粉砕していたので、気を取り直してまた見ることにする。

部下をコングに殺されて復讐を誓うパッカード大佐。サミュエル・L・ジャクソンが演じているので、どこかで心を入れ替えるのかと思いきや、最後までコングを殺そうとして、どアップの顔がコングよりずっと怖かった。

この映画ではコングを徹底的に痛めつけるのは、人間ではなくておおーとかげで、動物同士となると、コングばかりに肩入れもできないんだけどw、あそこまで憎たらしくて気持ち悪いと、コングに引き千切られても心が痛くない。そこがよかったなw

最初のシーンで、謎の研究機関モナークの学者ランダを見て、すぐに10クローバフィールドに出ていたおじさんだ!と気づけて、スッとした。もっとずっと後にこの映画を見ていたら、ん?どこかで見たことがあるぞ、と思い出せずに苦しんだに違いない。(あれ、この俳優さんって、どの映画の何役だったけ?と思ったら気になって気になって、映画に集中できない人なので。)

[PR]
by easternsky | 2018-01-22 13:26 | マイム~ビ~ | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_18522469.jpg
交通事故を起こして、気づいたら地下室と思われる部屋に監禁されていて(手当はされているものの)、そこにハワードみたいな男が現れたら、まあ、もう、自分は終わったな、って思うよね、、、

地下といってもただの地下じゃなくて核シェルター。数年単位で暮らすことを前提に設計してあると聞いたら、殺されなくても死んだも同然。

主人公のミッシェル同様、知りたいのは、外気は本当に汚染されていて、外に出られないのか、それとも異常者が監禁しているだけなのか?

この2つのポイントが最後まで分からないので、最後まで観るしかない。クローバーフィールドっていうホラー映画があって、それに関連しているのか、と期待をして観る映画だったらしいんですが、そんな映画のことは、全然、知らなかった。

主人公の女性、ミッシェルが強すぎるw エンディングにちゃんとつながっていて、続編作ったらB級一直線になる恐れ?w なにげにこのポスターもよい。

これをScifiにカテゴライズしたらネタバレか、、ま、誰も読んでないからいいかw

[PR]
by easternsky | 2018-01-07 13:10 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_13234228.jpg
スターチャンネルでついつい観てしまった。いやー、この役どころなら、クリント・イーストウッドより、絶対コリンの方が上手いわ。そもそも、ちょっと設定からして年過ぎないかと思ったんだけど、1971年ということは41歳。やっぱり昔の41歳は老けてるわ(現在87歳)。年端もいかない女の子とのキスシーン?あれはもう今はちょっとNG。当時でも十分、NGな気がするんだけどね、、

寝ている(意識を失っている)間に、一体、どんなに酷いことをされたのか、というのも、もうわかちゃったし、登場人物的にもオリジナルと同じっぽい。ソフィア・コッポラ監督のリメイクって、一体、どこが見どころなのだろうか。私はコリンとニコール・キッドマンが出てるだけでいいんだけどねw

オリジナルの日本語サブタイトルは『白い肌の異常な夜』、リメイク版は『欲望のめざめ』。説明的邦題?としてはリメイク版の方がずっと良さそうw

[PR]
by easternsky | 2017-12-13 13:34 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0) Top