DVD:『鑑定士と顔のない依頼人』他

最近、結構、映画を観てるんだけど、書き忘れていて、もう、何を観たか忘れている状態。まずい、、。これでタイトルさえ覚えてなくて、2度観しかけたり、するんだよね。というわけで、覚えている限り、タイトルだけでもw

a0027014_11133333.jpgThe Best offer(2013)

『鑑定士と顔のない依頼人』

勝手にイギリスの映画かと思っていたら、イタリア人監督によるイタリア映画だった!観れば英国映画ではないと分かるんですが。主人公の天才鑑定士ヴァ―ジル・オールドマンを演じているバルバロッサことジェフリー・ラッシュはオーストラリア人だったのか!

確かにオールドマンは偏屈で変わり者で、完全にオークションを操って、自分の欲しい作品を相棒に落札させていたわけだけど、悪者とまでは言い切れないよね?なので、やっぱり、最後は可哀想すぎる。が、どこかでちら読みしたところによると、監督はハッピーエンドだ、って言ってたらしい。ってことは、day&nightに待ち人来る?

オールドマンの家が素敵で楽しめました。


a0027014_1924279.jpg
American Hustle(2013)

やっと観ました。。クリスチャン・ベールXジェレミー・レナーにも関わらず、キャラの「風貌」に興味を持てず、というか、引き気味で観損ねていました。ストーリー的に途中までは興味が持てなくて、途中で寝かけたりしつつも、登場人物の1人1人にはかなり興味を持って観た感じ。と言っても、大した視点ではなく、ブラッドレイ・クーパーのはじけっぷりに驚いたり、クリスチャン・ベールのあの「腹」は自前かな、とか。太ったり痩せたり、ほんとよくやるわ。。面白かったけど、そこまでとは、、まあこれは趣味の問題ですね。


a0027014_11134650.jpgThe Penthouse North(2013)

戦場カメラマンとして仕事中、テロで盲目となってしまった主人公のサラ。元兵士とかでもない、よね???水責めの拷問されてもダイヤモンドの在り処を教えないとか、そんなこと、あり得る?そもそも、恋人が殺されていると分かったら、普通、お金やダイヤの在り処は知っていれば教えるでしょうに。相手は、サラが盲目だから、殺すつもりはなさそうだったし。というわけで、私はてっきりサラは、本当にダイヤモンドの隠し場所を知らないとばかり思ってました。というわけで、犯人役のマイケル・キートンはかなり怖かったけど、サラも相当、こわいわ。。ま、いいか。最後、黒にゃん登場で、わたし的にはハッピーエンド♪


a0027014_11135687.jpgFILTH(2013)

ジェィムズ・マッカボイだからみてみたら、、、なんという映画。この手の映画は好きではないわ。いかにも変な方のイギリス映画。


a0027014_1114535.jpgBlue Jasmine(2013)

ケイト・ブランシェットがステキ。面白かったと思う。評判通り。でも、主人公のジャスミンは、どこかで改心というか、自分の愚かさに気づいて、そして、本当に幸せになる話かと思ったら、全然、違っていた!ブルー(憂鬱)を通り過ぎて完全にmental disorderなお話。夫が羽振りが良かった頃のジャスミンの住まいとか、ジュエリー使いとかは楽しめる。


a0027014_11142566.jpg300 The Rise of An Empire(2014)

なぜか、新作の所に並んでいたので借りてしまった1品w。早送りで鑑賞。こっちをついつい観てしまって、オリジナルの300も観てみた。まあ、オリジナルの方が面白いよね、くらいな感想。ロドリゴ・サントロが出ていたのには気づいた。彼もほんと、年取ったなあ。


a0027014_11143289.jpg300(2007)

今は大人気俳優のジェラルド・バトラーって、そもそも、この映画で人気が出たんだよね?が、私としては、ディリオス役の人が気になって気になって。そーだ!ヒュー・ジャックマンの『オーストラリア』でいやーーーな奴フレッチャー役を演じていたあの俳優さんだよね?そうか、こんないい役もするのか、と思ったら、300の方が先だった!マイケル・ファスベンダー、どの役だか分からなかった。はは。という感じで、ストーリーに関する感想なし。


a0027014_1114447.jpgGravity(2014)

映画館で観るべきだったけど、行けませんでした。3Dだったら、もっと面白かったのかな。


a0027014_11144910.jpgClosed Circuit(2014)

エリック・バナだから観た映画。正直、つまらんー、と思ったけど、一応、最後まで観た。共演女優の人、嫌いなタイプだわ、、なので、一層、つまらなかった。


a0027014_18593732.jpgThe Wolf of Wall Street(2013)

映画館に観に行かなくてよかった。感情移入できる登場人物なし、のため、ああ、そうだったんだ、そうですか、という感じで、唯一、実話に基づく、というところは凄いなあ、酷過ぎるなあ、という感想のみ。面白いところも確かにあるけど、やっぱり、私的には観る必要がないという部類の映画。レッスン&ラーニングがないわ。


というわけで、だんだん、最後はもう書くのが面倒になってしまったけど、こんなもんかな?観たのは。

あ、そういえば、「トカレフ」とかっていうのも観たわ。でも、残酷な暴力シーンは指の間から音を消して。途中、つまらなくなって早送り。最後、なんだ、まったく!とご立腹(笑)。ニコラス・ケイジの映画は、「ロック」以外だめだね(古すぎw)。
[PR]
by easternsky | 2014-11-13 12:15 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(0) Top

トラックバックURL : https://nshouse.exblog.jp/tb/20337893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]