新作DVD祭り♪

a0027014_18273830.jpgPrisoners(2014)

評判通り、見ごたえがありました。なにしろ、娘を誘拐される父親役がヒュー・ジャックマン。手がけた事件は全部、解決してきた優秀な刑事役がジェイク・ジレンホールですから、面白くなくても観る映画(-.-)、ですが、面白かったので2度観しました。

娘アナを誘拐された父親ケラー・ドーヴァーは、証拠不十分で釈放されたアレックスを拉致監禁し、暴力に訴えて、娘たちの居所を吐かせようとする…どう考えても無茶で違法なわけですが、けれども、ドーヴァーにそれができたのは、アレックスが娘たちの失踪にかかわっている・居所を知っている、と確信していたから、です。

そう確信していたのは、アレックスの口から直接、They did not cry until I left.と聞いたドーヴァーだけ。そこがポイント。それから、映画を観ている観客(私)。アレックスが散歩に連れ出したジャック・ラッセル・テリアを吊り上げて虐めたりしているのを、ドーヴァーと一緒に目撃していたわけなので、アレックスに対するいやーな感じをドーヴァーと共有。それもあって、殴られ続けても、なんとか観ることができた気がします。

その点、アナと一緒に娘のジョイを誘拐された父、フランクリンは、最初はアレックスを痛めつけるのに手を貸したものの、その中、耐えられなくなって奥さんのナンシーに秘密を打ち明けてしまう。私がすごいな、一番、すごいキャラだな、と思ったのは、その奥さんのナンシー。アレックスを助けようとするフランクリンを止めて、関わるな、でも、ケラーには好きなようにやらせておけ、と言ったのにビビりました。ナンシーは、フランクリン同様、アレックスが娘の誘拐に関わっているという確信は一切ないのに、それでも、やらせておけ、と言ったのは、自分が話してみて、この男ならやりかねない、と思ったからなのか、娘を見つけるためにやれることは、それしかない、と思ったからなのか。

というわけで、映画の宣伝文句、「もし自分に同じことが起こったらどうする?」ということですね。もし、自分の子供が誘拐されたら、あなたならばどこまでやるか、と。自分は犯人だと確信しているからやった、と言ったところで、罪に問われるのは分かっているし投獄されても仕方がない。けれども、ケラー・ドーヴァーは彼のとった行動によって、娘の命を救うことができたのである。というか、最後に悪魔が勝っちゃったらダメなので神が勝ちました、ということで。

ヒュー・ジャックマン映画は全部DVDを持ってるし、オマケにジェイクまでついてくるのでBR/DVDは絶対に買いますv

Box Office Mojoで興収チェック:
Total Lifetime Grosses
Domestic: $61,002,302 50.0%
+ Foreign: $61,124,385 50.0%
= Worldwide: $122,126,687


a0027014_18265553.jpgCaptain America The Winter Soldger(2014)

うーん。まあ、ヒーローものなので、こういう感じでよろしいかと思うんですが、気になったのはロバート・レッドフォード。若い頃はあんなにかっこよかったのに、年を取ったら劣化したね、とか言うつもりはさらさらない。けど、なんか、もう、目が、目力のなさが残念すぎる。ショボショボなんだもの。悪の親玉役は無理がある気がしました。わたしだけかなあ。

姿勢はすごくいいんだよね。だから、余計に、目力のなさとのバランスの悪さが気になりました。そんなことばかりが、気になるわたし。困ったもんだ。笑

Box Office Mojoで興収チェック:
Total Lifetime Grosses
Domestic: $259,766,572 36.4%
+ Foreign: $454,317,000 63.6%
= Worldwide: $714,083,572

わぁ。大大大ヒット。そこまで???と言わざるを得ませんね。


a0027014_18264556.jpgNOAH(2014)
あー、映画館に観に行かなくて良かった。確実に途中で寝てたと思われます。つまらーんw

レッスンを得るべき映画なのだと思いますが、個人的には絵的にもストーリー的にも不快な部類に入る映画。酷。言い過ぎですね。まあ、思っていたのと違った、ということなんですが、最後までなんとか観た、という感じ。さよならっ。

Box Office Mojoで興収チェック:
Total Lifetime Grosses
Domestic: $101,200,044 28.2%
+ Foreign: $258,000,000 71.8%
= Worldwide: $359,200,044

驚きの大ヒット!あ、そうですか、というしかない。



a0027014_18263598.jpg12 Years A Slave(2013)

いやー、アレックス役のポール・ダノが出てたね。またいやな役で。

奴隷制度の話は、暗く、悲しく、憂鬱になる話が多いけど、けれども、この映画は「それでも夜は明ける」なので、救われるわけですが、その鍵となる白人を演じているのがブラッド・ピット。プロデューサーなのに、あのオイシイ役をやるんですね。ふーん。でもまあ、この映画を製作したいと強く思ったわけだから、あの役にお似合いなのか、なあ。ま、いいわ。

Box Office Mojoで興収チェック:
Total Lifetime Grosses
Domestic: $56,671,993 30.2%
+ Foreign: $131,061,209 69.8%
= Worldwide: $187,733,202

[PR]
by easternsky | 2014-10-08 20:57 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(0) Top

トラックバックURL : https://nshouse.exblog.jp/tb/20259309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]