みみ慣れられないのは「女子・男子」

終わらないんじゃないか、と思った外装リノベ工事が終わったら気が抜けた,,,,,

あ、そういえば、実は「イケメン」にも、今だに馴染めてません。。



「イケメン」については、「イケメン」が付いている人を、「イケメン」だと思えないことが多くて,,, 
私がルックスが良いと思う人たちは「イケメン」という言葉では表せないし,,,
使い方・シチュエーションが分かりません、正直。はい。

お話を「女子・男子」に馴染めない件に戻しますと

おそらく、実際に使う機会がないからだと思うんですね。
テレビも見ないから、これらの「新語」へのエクスポージャーが圧倒的に少ないし。
(で、「死語」はしっかり、使ってたりするのでしょうか。ちょっと怖い?笑)

「女子・男子」って、「グループ」・「群れ」で生活している人たちが、
というか、「組織に属して」生活している人たちが、
自分たちや、他の人を指して使う言葉なのかな、と想像してます。

たとえば「男と女」っていうと、1対1っぽくないですか?
でも「女子と男子」っていうと、複数:複数っぽい。
だから馴染めないのかなとも思う。
基本、 a lone wolfなので。笑

このあたり、夫も同じような感覚らしいです。

「こんなキビシイ毎日を送ってる自分に「子」を付ける気にはならへんわ。」
とも、言ってました。なるほどねぇ。
わたしの毎日は、キビシくもツラくもないけど、でも、自分に「子」を付ける気にはならないなあ。
それは、なぜか?単に「違うから」でしょうねぇ。笑
それに、「子がつくイメージな自分の在り方」に憧れもないです。

私としては、40代半ばも過ぎたような女性が、自分を「女子」と呼ぶと
かなり違和感があって、やっぱり、一瞬、「へ・・」と思ってしまいます。

けれども、「女子力UP!」というような使い方については、
たとえば、マツゲエクステなどに使うのは、「女性としての魅力がアップ」よりも
合っている気がしたりします。

「女性としての魅力」って、もっとずっと内面的な感じがするので、
エクステをひっつけたくらいじゃ、UPしないよ、って思うから。

なんとか女子、は、まだいいんですけど、
~男子、という表現になりますと、「おたく感」と「ひ弱さ」を感じてしまいます。

おそらく、語感を誤解してるのだろう。東京のど真ん中(より西寄り、笑)に生きつつ、
独自・独特のワールド内で生活しているので、「社会性」が乏しいのでしょう。
あれ、社会につながってない主婦、って、このこと?
最近、意味が分からないことが多いです。はは。

ただ、そういう意味がよく分からないことがあっても、
日々の生活には一向に困らないので放ってますが。
でも、社会に寄ってない感が蓄積すると、老いちゃうかな?(・・)

しかし。たまには放っておけないことも。

先日、ジムにて。腹筋をしている時:

隣でインストラクターに付いて腹筋していた女性が、

「女子のニーズを分かってよー。」

「女子にとって二の腕「ぷよ♪」は大切なのよ。」

「女子用のプログラムをちゃんと作ってよ。」

と、連呼するのが可笑しくて、腹筋から力が抜けないようにしつつ、
どんな顔(体)して言ってるんだろう?と、腹筋100回終わった瞬間に確認。

「あん(な)たが女子ならだれが女子?」

なんて、口にするわけもないんですが、なんか、完全にホウチもできず、

魂でそう叫んだ!爆

髪型はイケメン風らしい(?)インストラクター男子(違)が、困ってるじゃないですか!
「いわゆる中年体型の女に合ったプログラムを作ってください。」って言わないと。
それに「ぷよ」の段階は遠くに過ぎ去り、完璧に「゛」の段階ではないかと、、

言葉は自由なのだ。
でも、やっぱり、少しは規制も必要ではないかと。

ふふ。冗談です。
[PR]
by easternsky | 2010-04-02 22:47 | 問題意識 | Trackback | Comments(4) Top

トラックバックURL : https://nshouse.exblog.jp/tb/10314396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2010-04-03 01:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by easternsky at 2010-04-03 06:45
◆鍵コメ様

確かに「男子~如し」は「男らしい男性の意」
で使われてますよね?だからそういう時に違和感はありません。
「スカート男子」は、どうですか?
「家を出れば七人のオタク仲間」が居そう。笑
いや、「家を出れば世間の目という敵あり」ということで、
男らしい男性の意味なのか?

もちろん、「売れっ子」の「子」に違和感は感じません。
だって「子供」の「子」のニオイは感じられないもの。

言葉は難しいですが、この件については、難しい、
と思ってるわけではないんです。
わたしには、「なんとか女子・男子」が「馴染めない」という
個人的な問題です。笑
エントリーに書いたとおり、馴染めるだけのエクスポージャーが
欠如してるんだと思います。

ま、なんにせよ、筋トレで出遭ったオバサンの「女子のぉ~」
「女子にぃわぁ~」と連呼する姿は「タイホ」レベルだと思った。爆
「女のぉ~」「女性にぃわ~」と言ってても、違和感感じてたかも。
Commented by shara at 2010-04-05 22:33 x
後ろからウエスタンラリーアートかけたれ!
Commented by easternsky at 2010-04-05 23:07
◆sharaコーチ

はい。わかりました。
今度、見かけたら、必ず。
で、どーやるんでしたっけ?
コブラツイスト、なんてのも、ありましたよね?
16モンキックとか?(←あ、これは無理。サイズ的に・・)

まあ、ね、、
ジムに「インストラクター」との「コミュニケーション」
を求めてやってきている中高年女性もいるそうなので(--)。

インストラクターの前では「女子」♪
家に帰って旦那の前では、自分のことを
「女子」とは呼んでないはずだ。
つまり、そういう意味合いの「呼称」だと思うわけです。

ま、もういいや。笑