Thurdsday, June 17, 2004
今週は現場がお休みのため、現場チェックも必要ないし、面白くありません。。
建築日記のアップもできないし、、。
仕方ないので、もう1度、模型を見直そうっと、見ていたら、
3階のRBにわんこ用の「のぞき穴」があった方がいいんじゃないの?と思えてきました。
1階ポーチ部分の開口部と、2階インナーテラスの窓に連続させる形で、
ポン、ポン、ポン、ポン、ポン、と穴を開けてみると、なんだかいい感じ♪
ま、ちょっとくどいような気もするけど、わんこ用にあった方がベターなのは確か。
来週の打ち合わせで設計者に提案してみようと思います。*この写真以外、模型の写真がボケボケなのがつらいところ、、。小さな模型の時は家に持って帰って眺めていたのですが、50分の1ともなるとそうはいきません。来週の打ち合わせで、いい写真を撮ってきたいと思います。
[PR]
# by easternsky | 2004-06-17 22:52 | プラニング | Trackback | Comments(0) Top


スパイラルランプ
『エルデコ』最新号に紹介されていたパントンのペンダント。見た目はすごく好きだけど、素材感がちょっと軽めかな、実物見てみなきゃ、と思っているところ。ぺラン、ぺランで、埃が表面にくっついて、すぐにクールな輝きが失われる、とすると、ちょっとお手入れ大変そうなので、手が出せない。。いろいろ調べてみたら、英国だと600ポンド程度。日本だとそれより8万円くらい高い、、、うーん、ひどいわ。やっぱり質感によっては、私には出せないお値段です。
*image sourced from thisisfurniture.com


アルコ
前からこのフロアーランプがお気に入りだったんだけど、お店で見てみると、なにしろ台座の部分が石でヘビーな印象、、、。今の家には似合わないので遠慮していました。でも、今度の家には結構、はまりそうです!台座は黒、を希望。持ってる人が多すぎる、というご意見もいただきましたが、他によいのがあれば、是非、ご紹介ください。
*image sourced from thisisfurniture.com


ロメオムーンフローアーランプ
これも、前から好きで、是非、欲しい。ガラス製なのでかなり重いけど、その分、存在感がたまりませんな。でも高い。英国だと630ポンド。やっぱり高いんですね、、
*image sourced from thisisfurniture.com

[PR]
# by easternsky | 2004-06-17 10:12 | インテリアプラン | Trackback | Comments(0) Top

ガレージの勾配

前面道路は、ログイメージの模型でいうと、右から左に向かってやや傾斜しています。本当はカンペキに平坦で、並列3台置けるガレージが理想だったのですが、そんなにパーフェクトな土地は、そうそう出るものではありません!なにしろ、車高を落とせるだけ落としたNSXをガレージのどの位置にでも停められるようにしたい、というのがaくんの希望だったので、調整は最後まで難航。結局、道路の傾斜が一番きつくなる、一番左側のパーキングスペースには、やや車高が高い車を停めてください、ということになりました。仕方ありませんね、、。(でも、ガレージ内には壁はないわけだし、広い方のシャッターから入って、中で切り返しをすれば、一番端にも十分、停められるんじゃあ??まあ、他の車をぜんぶ、外に出さないと無理ですが(・・))
[PR]
# by easternsky | 2004-06-16 21:04 | プラニング | Trackback | Comments(0) Top

プランの修正・練りこみ

・キッチン
キッチンとダイニングの間に位置するスタディコーナー。ダイニング側からのスタディ、およびキッチンの見え方がかなり重要。デスクやキッチンが丸見えでもダメだし、あまりにもしっかりと区切ってしまうと、広がりが失われるし、ということで、当初は、ガラスブロックで仕切る、いや、ガラス棚で仕切る、いや、低いニッチ壁で仕切ろう、といろんな案が出ては消えていたのですが、ついに、私の大好きな「壁」で仕切ることにほぼ決定。

壁にシンメトリカルな開口部を設けて、それをコートの壁までリズミカルに連続させ、”Interior facade"にしよう、というアイディア。壁の開口部の厚み、つまり「小口」が綺麗に見えるよう、十分な壁の厚みを確保し、その小口に色を使ってみようかと思っています。各開口の上部にはダウンライトを埋め込んでもいいかも知れません!開口部からチラチラ見えるシステムキッチン、食器棚、本棚についても、カラーリングにこだわってみようかな、と思っています。

・リビング・ダイニング
これまで、「コートに面して座りたい」という思いが強く、コートに向けてソファーを配置するプランを練っていたため、AVボードの位置がなかなか定まりませんでした。けれども、なぜか突然、思考転換して、コートに背を向けて座るプランに変更。これでAVボードの位置も、ベストと思われる壁面に決定!今後はAVボードのデザインを詰めていくことになります。

・コート・インナーテラス
インナーテラスは1階ポーチ部分の上に位置します。建蔽率をクリアするため、ファサードの反対側は、建蔽率に含まれないバルコニーにすることになりそうです。手すりは、ポーチのゲートに合わせてロートアイアンで作成する予定です。
[PR]
# by easternsky | 2004-06-16 20:48 | プラニング | Trackback | Comments(0) Top

Wednesday, June 16, 2004
今日は朝から設計事務所で50分の1の模型を使って打ち合わせ。建設会社からも工事担当者(監督)が出席して、懸案だったガレージの勾配もやっと決着。躯体1階部分の開口部についても全員で確認しました(つまりこれ以降、変更不可!)。 模型を見ていて、いつもどーもスッキリしないと、変更に変更を重ねているポーチ部分(模型向かって右側)のデザインも、なんとか最終的な姿が見えてきたようです。今後、工事の進捗に合わせて、2階、3階とプランをフィクスしていきます。(建築確認申請を既に出して、許可をもらっているため、建築面積、延べ床、建物の高さ等に影響を及ぼすような、大きな変更はもちろんできませんが。)

リビングのAVボードの位置も決まり、キッチンとダイニングのパーティションの役目を果たす、スタディーコーナーのアイディアも、「おおっ!」というアイディアが出て、うーん、これはミラネーゼのおうちのようなリビングになるかも♪なんて、期待が高まっています。うほほ。でも肝心の工事の方は、今週月曜日からのはずだった配筋工事が、来週月曜日スタート、と1週間遅れ。。なんのかんのいいつつ、プロジェクトスタート時点の予定からは、既に1ヶ月は遅れている。。うーむ、不安だ。
*ロゴイメージの写真は、実は合成。結構、気に入っているのですが、ポーチに屋根を付けると、建蔽率にひっかかるため断念。家を左ナナメ前から見た時、躯体部分、そしてポーチのRが連続して見えるように、という点にこだわってます。それじゃあ、右横から見たらどーなの?というと、こんな感じに。。うーん、いかがなものか。まあ、こんなもん?
また「なんか不安定じゃないの?」とかってCG合成の写真が届きそうですが...うーむ。

[PR]
# by easternsky | 2004-06-16 16:08 | プラニング | Trackback | Comments(2) Top


FEアームチェア
ダイニングをくつろげる場所にしたいので、Dチェアはアーム付きにしたいと思っています。本革は好みの色がないので、アルカンタラにする予定。色はオレンジ?(小口部分の色は、明るめの茶色、か、黒??)
*image sourced from Arflex



キッチン
アイランドキッチンに付属したテーブルと言うと、カウンターの高さが普通ですが、高い椅子は落ち着かないような気もするので、H720にして、こんなシンプルなチェアを置きたいと思っています。これは皮なのですが、お値段は結構、リーズナブル(某コンセプト製、ホホ)。色はクリーム色かな?)
*image sourced fromBo Concept



アームソファー
最初はこういう感じのアームソファーをダイニングチェアにしたいと思っていたのですが、ショップの方で輸入を止めたみたい、残念。でもまあ、これを6脚揃えるのは予算的にちょっと大変なのですが。
*image sourced from SEMPRE




リビングのどこかにポツンと..
置きたいな、と思っているのが、有名モデルの復刻版らしいこのアームソファ(Poltrona Frauという名前のジオ・ポンティの復刻作品)。モーモー柄、アニマルプリント、結構好きです。(服はちょっと、、ですけど ・・)。
*image sourced from yamagiwa



リラックス系
モー柄を置いてみたい、と言いながら、こういうリラックス系のアームソファーもいいなあ、と思っています。水牛の皮で編んでいる、っていうのがいい!お昼寝したらとっても気持ち良さそうです。
*image sourced fromArflex

[PR]
# by easternsky | 2004-06-16 15:14 | インテリアプラン | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_75826.jpg
ロンドンの建材屋さん(?)
日本では見たこともないけど、家のデコレーションを専門に売っているお店もあるんですね。こういう装飾が付いている建物は、古いものなのかと思ったけど、そうとは限らないわけですね。新しい家にも十分取り入れられるということらしい。うーむ。素材は木?石膏??見ているだけでもかなり面白いです。現地だと値段はいくらくらいするのかな?素敵だなあ。(ちなみに、うちで採用しようかな、と思っているのは、こんなにデコラティブなものでも、存在感のあるものでもありません。木製で、ま、がんばっても、横スジ三本くらい??)

[PR]
# by easternsky | 2004-06-15 06:22 | プラニング | Trackback | Comments(4) Top

a0027014_21415.jpgMonday, June 14, 2004
おなじみのソファーです。今日はこのソファーを買って初めて、カバーを洗濯しました。。買ったのが、えーっと3年前くらい??1度も洗ったことがないなんて、問題ですよね、、、やっぱり。けれども、生地のテクスチャー上、パターン上(白と黒の千鳥格子っぽい模様)、汚れが目立たないし、うちではワンコもソファーには上げないし。汚れが目立たないだけあって、洗っても、「綺麗になったぁ~」という実感もなし!ただ、なんとなくサッパリした感じ♪新しい家に合わせて、このソファーをどんな風に張り替えるのかが悩みの種なんですが、カバーリングはそのままに、ベース部分を白にする、とか、いや、ベース部分を白のレザーにする、とか?なんだか洗ったら、カバーリングが惜しくなったりして。もちろん、いつでもまた使えるわけですが、ベース部分の素材・色によっては、永久に陽の目を見ない可能性もあります。あ、Aソファーを持っている人って結構、多いから、カバーリング交換なんかするのもグッドアイディアかも(・・)
[PR]
# by easternsky | 2004-06-14 21:05 | インテリア(実践) | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_84031.jpg
パリのアパートメント
これは、ある人の知り合い(フランス人)がパリに買ったアパートの天井装飾だそうです。古いアパートメントを購入し、リノベーションを終えたところで、天井と壁の微妙な色みの違いがこだわりなんだそうです。うーん、やっぱり本物は違う。当然ながら、とてもこんなことはできませんが(というか、こういうものは、作るものではなく、最初から「そこにあった」ものですし、、)、壁と天井の境の装飾(モールディング?あくまでシンプル系)を試してみようか、な、と思っています。


たとえばこんなリビング
アンチ・モノトーン。色を使って、なおかつ、まとめる、、、。実際はこの写真のような感じにはしないと思いますが。ベージュの大理石(床)は光を反射して、結構、部屋全体がボケるらしいので、インパクトのある家具はマスト。今あるソファーを張り替えるつもりなのですが、どんな風にしようかと悩む、悩む、、、


赤い部屋
地下室のテーマカラーは赤。車の雑誌やら、何やらを納めるべく、天井いっぱいX3メートルくらいの棚を作りつけたいと思っています。もちろん色は赤。壁もひょっとしたら一部赤。皮のソファーも赤に。




私はなぜか、壁の厚みが大好き。必然的にニッチ壁なんかも大好き。たとえば、キッチンの壁の色をペールグリーンにして、キッチンとダイニングを仕切る壁に穴をあけて、ニッチ棚も作って、ダイニング側からちらりとペールグリーンが見える、とか。(この部屋、とってもインスパイアリング!さすがにミラネーゼの家です。マネはできませんが、、)
[PR]
# by easternsky | 2004-06-14 15:28 | プラニング | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_204431.jpg書斎兼スタジオ

今の家にはガレージに隣接する形で、aくんの小さな書斎があります。(別名、「納戸という名の書斎」。窓が1箇所しかなく、建築基準法の採光要件を満たしていないため、確認申請上は納戸扱い、、)。ガレージと書斎の仕切りは大きな1枚ガラスの引き戸。もうここ数年で、すっかり車好きの流行りになってしまった感のある、いわゆる「クルマを見ながら○○できる」というこだわりの空間です(写真)。けれども、次の家では、とにかくガレージ自体を最大限確保したい、ということで、ガレージ隣接は諦めて、地下に夫のいわゆる「オレ部屋」を造ることになりました。ここには壁一面に棚を作りつけ、増え続ける車雑誌やら、模型やらを飾る予定です。一応、デスクも設置します。でも、書斎といいつつ、ここで本当に仕事をするかどうかは怪しいです。おそらく、PC持っていろんな場所に出没すると思われます。sign.

この地下室は音楽好きなaくんのスタジオにもなります。(スタジオ、と言っても、単にギターを弾いたり、歌を歌ったりするだけなのですが。一応、気分を出して、そう呼ぶ。)床が石張りじゃあスタジオっぽさが出ない、というのでここはフローリングに(その方がコストが安くて助かります)。敷地の関係上、ドライエリアは作れなかったので(ドライエリアを作れる場所はポーチの下、で、そこにも車を停める予定。地面をグレーチングにして、という案もありましたが、なんか車の裏側を見上げるのも嫌なので、やめ。)、採光を確保するため、壁の一部を防音ガラスにして、階段室の光を落とす計画ですが、どの程度明るくなるのやら不明。あと、ドアは2重にするみたいですが、ドアもガラスにする?という案も出ています。地下室には私のクラビノーバも置いてもらう予定♪(本当はピアノが欲しい!その場合、置き場はやっぱりリビング?♪?)。
[PR]
# by easternsky | 2004-06-14 11:46 | プラニング | Trackback | Comments(5) Top