<   2017年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Top

ということは、来春はコリン映画が地味に続くね。笑

邦題は「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」。2018年3月3日より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、ということなので、かなりの限定公開の模様です。

この映画とにかくポスターが、怖い、、キャッチコピーも怖い、、。あなたの心臓は正しい位置にありますか?って、いうキャッチコピーはどーいう意味?

a0027014_17510827.jpg
この他、メスを持った手バージョン(解剖模型のような手)、足首より下バージョン、など。

ある男の子の父親を殺してしまった心臓外科医は、一体、どんな犠牲を強いられることになるのか?予告編から見る限り、子供の体に異変が起きるのは確かな模様。母親役のニコールが「どうして私の供が代償を払わなければならないのか分からない。」と言っているし。それを解決するために、父親が払うことになる考えられないような犠牲とーは。

box office mojo killing of a sacred deer

[PR]
by easternsky | 2017-11-22 20:47 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(6) Top

2017 年11月17日
a0027014_14333847.jpg
定点撮影地に植木屋さんのトラックが停まっていたので、別角度から。
納骨堂はちょうどお掃除中でした。
いつも綺麗にお世話してもらっているようで、有り難いです。
また来月110.png


[PR]
by easternsky | 2017-11-17 14:39 | &スー | Trackback | Comments(0) Top



ヨーロッパ映画祭?の主演男優賞にもノミネートされたり、地味にだけど注目を集めている模様。米国での封切も、最初がしょぼすぎたとはいえ、2週目、3週目とどんどん観客動員数も増え、この分だとまだ上映館数は増えそうな感じ。レビュアーの評価が高く、口コミで伸びているようなので、1ヶ月で打ち切られるなんてことはなさそう。英国での方が人気でそうな感じだけどね。この分だと日本公開もありそう。ま、ロブスターでさえ公開されたんだから、この映画は固いか。

今日現在、YouTubeでの再生回数が1,334,672回、イイネが8,310回。コリン映画にしては異例の人気w




[PR]
by easternsky | 2017-11-13 16:27 | Trackback | Comments(0) Top


a0027014_12385165.jpg

ポスターからして、相当、怪しい。
小太りコリンの演技と、わけわからん世界観が高評だった、ロブスター、
ヨルゴス・ランティモス監督最新作
よほどコリンがお気に入りなんでしょう。

なんでもアッというラストらしく、誰かから聞く前に自分で観に行くべき、
でも、かなり胸がざわざわする映画なので要注意、とのことです。

外科医役コリンは、ベストパフォーマンス、との呼び声が既に高く、
つまりは、相当、追い詰められて、苦境に立たされる役なんだろうなw

執刀して死なせて?しまった男の息子と交友を持った結果、その子が家庭に入り込んできて、、、
と聞くと、ありがちな復讐ものっぽいんだけど、その方法が展開が、なんとも言えないザラザラ感らしい。

予告編見ただけでも、あ、観るのはよそう、って感じの映画です。けれども、
コリンの妻役がニコール・キッドマンなのもいいしなあ。けれども、

インタビューで、すごく良くできたいい映画だけど観るのはおススメしない、ってコリン自身が。
トラウマになるような映画は観ない主義だしなあ。

とりあえず、限定公開で興収がどこまで伸びるか、拡大公開になるのか、要チェック。

box office mojo killing of a sacred deer

[PR]
by easternsky | 2017-11-06 16:49 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(0) Top

ソフィア・コッポラ最新作! 『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』日本公開決定。

2018年2月、、とおっ。まあ、公開されるだけいいか。
a0027014_13402053.jpg
後味悪そうだけど、行かないわけにもね。すぐ行かないとすぐ終わりそう119.png
a0027014_13394830.jpg

[PR]
by easternsky | 2017-11-03 13:45 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(0) Top