<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Top

2017年10月30日

ほぼ1年ぶり。

やっぱりブログはつけておかないと。
この不具合投稿をそのまま放置はひどすぎる。
結局、その後、つまりほぼ1年前に、
我が家を建てた建設会社でご紹介いただいた木工所の担当者の人がきてくれて、
修理をしてくれました。
無償で。
そもそもの製造責任がある造作家具会社の対応とは大違い!

どうもありがとうございました。

その木工所さんに頼んで、キッチン扉を全部、引き出しにしよう、
と思ったのが今年の初め。

けれども、新しいワンコに振り回されて、それどころではない1年でした。
落ち着いたら考えようと思います。
**********************************

やっぱりブログはつけておくもので、2010年6月にデスク裏の収納扉が落ちたのとまったく同じ落ち方。(2010年6月の状況)一昨日、施工した造作家具の会社にメールしたけど、返事なし。今朝になって、写真も添えてメールを再送。午後一番で電話。どうして最初のメールにすぐに返事ができないのでしょうね、、、今回の落ち方も、使い方が悪いとは全く思わないけど、さて、どういう対応をしてもらえるでしょうね。

2日後、もう1度、メールして、電話したら、やっと返事がありました。職人の手間だけ有償で直してもらえるとのこと。今回、比較的よく開くシンクしたの扉だったこと、築11年目であることを鑑みて、無償でとは思ってはいませんでしたが、それにしても、10年経ったら扉は落ちるってものじゃーない、というか、おそらく、落ちない扉の方が多いはず。

なにしろ、重さが尋常じゃないので、その荷重に耐えられる金具を付けているはずでも、まあ、重さに耐えられなかったから落ちたんだよね? あるいは取り付け方が悪いか。軽い扉ならば絶対に落ちないはずなので、重たい材で作った時点で、製造サイドに問題があると思います。

けれどもまあ、5年前もそうだったけど、落ちても全然、びっくりしてないようなので、そこかしこで落ちているのだろうか。今後も落ちるであろう扉に1枚1枚対応していくか、それともまとめて直しておくか。いっそ、リフォームという手もありますね。

[PR]
by easternsky | 2016-10-21 18:04 | 家メンテ | Trackback | Comments(0) Top