<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Top

a0027014_1847299.jpg
左傾斜が治らないスーさん。先週の水曜日、日大生物資源学科動物病院の神経科へ行ってきました。去年の動物高度医療センターでの検査結果と同様、手足に麻痺などはないので末梢神経系、中・内耳の炎症か、あるいは脳腫瘍があるのかも知れない、という診断。中・内耳炎を想定して抗生剤注射は既に試したんですけどね。原因特定のためMRIをやる意味があるのかを考えましたが、高齢の上に持病があって、BUNの値が高くて危険な割に、中・内耳炎や腫瘍がわかったとしても、オペを断行する気にはちょっとなれない。先生にも、今、これだけ元気なので、あえて危険をおかすのは止めましょう、と言われました。特発性の前庭障害ならばどうにもならないしね。。本当に重篤な状態に陥れば、いちかばちか、という選択肢もあるかも知れませんね、とも言われました。

頭と体の傾斜がきつくなると階段はもう上り下りできないスーさんですが、食欲はあるし、お散歩も行けてるし、高齢わんこ、こんなものだろう、ということで。頭の中に何かあるとしたら、突然、、、ということもありえますが、14歳と8か月。本当にがんばってくれてるので、このまま様子をみていくことにします。よくTVなどで、「勇気をもらいました」と言うコメントを聞いて「へ?」と思うんですが、スーさんの毎日を見ていると、ほんと勇気をもらえるよね、と夫と感心しています。耳も聞こえないし、目もよく見えないのに(写真は眩しいのでこういう目になってます。念のため004.gif)、明るく毎日を過ごしているスーさん。いつまでも綺麗なスーさん010.gif。大変なこともあるけれど飼い主はがんばります!066.gif
[PR]
by easternsky | 2015-11-30 18:56 | &スー | Trackback | Comments(0) Top

10年前のTシャツを着続けているスーさん。だってタオル地でとっても着やすいんだってば。とはいえ、年に1枚くらいは買わないと、ということで去年のハート柄に続き、今年も1枚だけ新調いたしました。
a0027014_13383697.jpg

[PR]
by easternsky | 2015-11-22 13:38 | &スー | Trackback | Comments(0) Top

獣医さんのマッサージを受けて帰ってきたところをパチリ。ご覧のとおり、元気そうではあるんです。スーさん。昨日の朝なんて、全盛期と変わらない速さでお散歩してたしね。そういうところを見かけた人は、スーさんが調子悪い時があるとは、全然、想像もつかないだろうな。腎臓病食はたいへんですが、でも、腎臓の状態がよくなったのは明らか。やりがいがありますv。あとはふらつきと傾斜の原因を特定できればね。がんばるよ、スーさん!
a0027014_19441329.jpg

[PR]
by easternsky | 2015-11-17 19:44 | &スー | Trackback | Comments(0) Top

期待を大きく上回り、わたしの中では大ヒット♪
a0027014_1671268.jpg
11日水曜日、第8話、最終話が終了しました。マシューとウッディ―のシーズン1があまりにもヒットしすぎて、シーズン2に対する失望の声や批判が噴出したそうだけど、そうかなあ。全然、違うお話だと思います。けれども、トゥルー・ディテクティブ、というタイトルを付けるに足るストーリーだったと思う。実際、酷評が散見される中、いや、シーズン2の方がむしろいいよ、というようなレビューもちらほら。


私の場合、シーズン1は寝そうになりつつ、しかし、見なければシーズン2と比較できないし、と必死で見た方で、確かに、2人の元刑事が過去の未解決事件に再び力を合わせて取り組むことになる展開には心が躍ったけど、けれども犯罪そのものが、いわゆる児童虐待のため、動機とか真犯人とかには驚きもない。メインキャラクターの2人は魅力的で、その関係の描写は確かに好きだったけど、しかし、そこまでいうほどかなあ。


シーズン2はプロットにひねりが効いていた。おそらく、登場人物が込み入り過ぎ、プロット捻りすぎで、その辺り、米国の視聴者には受けないのではないかと思われる点もあるし、私の場合でも、何度か見直したからなあ。けれども、何度見にも耐えうるクォリティのドラマだと思った。よくある批判にもある通り、たぶん、スローな展開だったかも。エキサイティング感にはかけてたかも。けれども、丁寧だったと思うし、最終回で尻つぼみでは絶対になかった。


じっくり見ていたら、最後にはメインキャラクター全員に感情移入ができてしまっていたドラマ。そういうドラマってなかなかないよね。レイ(コリン)とフランク(ヴィンス)の友情、レイとポール(テーラー)の友情は、すごーく地味に、気づかないうちに育っていて、その描き方にもすごく好感がもてた。



テイラー・キッチュとヴィンス・ヴォーンの演技は言うに及ばず、なによりもコリンの演技が圧巻だったと思います。あんな哀愁、なかなか漂わないわ。当然のことだけど、コリンの演技の評価はかなり高いようです。今まで苦手系だったレイチェル・マクアダムズが嫌じゃなかったのに驚いたし、フランクの奥さんジョーダン役Kelly Reillyにも最初からすごく惹かれました。
a0027014_168979.jpg



まあ、とにかく、エンディングが良かった!ツボ。予想外の理由で涙しました。アニー(レイチェル)とジョーダン(フランクの妻)という視点からみると(プラス、ポールのフィアンセ)、完全に一本通ったストーリー。ラブストーリーですね。悲しくて涙しつつも、力強さに声援を送りたくなるせつないエンディング。そして、ドラマ全体の雰囲気を作り上げていた音楽・歌(メロディーと歌詞)も、本当に効果的だったと思う。聞くだけで思い出して涙ぐむほど。

でも、あの終わり方は男性的にはどうなのかな。。全然、違った印象を持つのかもね。何度かみたら、絶対に超ファンになるドラマ。。。ま、そんなヒマ、ないか、、w
(申し訳ないけど、字幕が分かりにくかったと思います。かといって、吹き替えは、、これまた俳優の肉声を知っていたら聞けない。。俳優さんは、もちろん、声を含めての演技なので、コリンの声があんなに爽やかな魅惑のボイスじゃあ、、。声優さんって、きっと、声が良い人がなってるのだろうから、まあ、その辺り、限界があるのでしょうが。なんとかした方がいいと思うけど、無理でしょうね。)
a0027014_1559193.jpg

10 Reasons Why Season 2 Of True Detective Is Actually Awesome

Why 'True Detective' Season 2 Was Actually Awesome

No Alarms and No Surprises, Please: ‘True Detective’ Season 2 Better Than Original
[PR]
by easternsky | 2015-11-13 16:16 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(0) Top

11月3日(火曜日)
スーさん。普通に歩いて、近所のワンコ友達からも「復活!」とか言われて、笑顔も炸裂してましたが、
a0027014_9113693.jpg


翌日、11月4日(水曜日)
目の検診でちょうど獣医さんに着いたところで、いきなり頭と体の傾斜がきつくなって歩けないくらいの状態に。獣医さんにハンドセラピーを受けて頸椎の歪みを直してもらった。新しい抗生剤を試してみることに。そして、血液検査の結果は、血中尿素窒素の値が80超えと、前回より悪化。ショック。ここ数日ステロイドを多目にステロイドを服用させているからだと思われます。60台に落とすのを目標にしてたのに。けれども、ステロイドを服用させないわけにもいかないので、仕方ない。
a0027014_9141770.jpg
それでも、ご飯の時間になったら、少しフラフラしながらも、キッチンにのぞきにくる可愛いスーさん。

a0027014_9161981.jpg
11月5日(木曜日)
水を全く飲まなくなって、舌を使えないからか、、と思ったけど、鶏肉の煮汁なら飲むスーさん(--)。仕方ないのでフードをふやかして水分をとらせることにしました。夕飯後、朝まで爆睡。気持ちよさそうに寝ていました。

11月6日(金曜日)
前日あんなに食べたのに、ふやかしたフードを一切、食べなくなった(大泣)。カリカリを私の手から食べさせて、水分補給のため、鶏肉の煮汁を飲ませる。量的には通常の量を完食するスーさん。水分もスープでなんとか必要量をぎりぎり取らせる感じ。家の中では歩くのに、外へ出したら一切、歩かない。シーとウンチだけしたら、家に戻る状態。そして、午後10時過ぎ、突然、起きて家の中を歩き廻る。きっと頭の中がぐらぐらして落ち着いていられないのだと思う。危ないのでサークルで行動範囲を制限したら、ずっと立ったまま。朝方、やっと座って少しは寝たみたい。これが続くと本犬、しんどいだろうなあとかなり心配。

11月7日(土曜日)朝、昨夜が嘘のように、元に戻ったふうのスーさん。ごはんを普通に食べて、なんと、元気に散歩へ行くというので、公園まで行きました。公園ではゆっくりだけどふらつくこともなく、落ち葉の上をかさかさと歩いて、臭いかぎを楽しみました。が、やっぱり夜になると症状が悪化。横になって眠れないようでずっと座っていたスーさん
a0027014_9272868.jpg

11月8日(日曜日)
午前中、夫にも付き添ってもらって獣医さんへ。また頸椎がズレていたのでまた修正してもらいました。どうやら、先週水曜日に処方してもらった新しい抗生剤は効いてない模様。今年はもうダメか。。けれども、また神経科を受診してMRIを受けるという選択肢はさすがにもうないと思います。なので、先生のハンドセラピーに通う、それでいいと思う。が、よくないのが腎臓。中3日だけど血液検査を受ける。水の飲み方が少ないので、すごく心配だったんですが、血中尿素窒素の値はまた70台に落ちていた!良かったわ。頭の中も心配だけど、腎不全の方がこわい。
a0027014_15322552.jpg
先生のハンドセラピー後、笑顔のスーさん。でも、いつ、どうなるかわからないな、と夫と覚悟を決めました。スーさんと一緒だった14年間に、やれることでやらなかったことは何もないし、特に医療面では先手先手で限界までやってきた、という、変な言い方だけど、達成感はあるよね、と夫と話をしました。

11月9~11日(月曜日~水曜日)
一体どうなることか、と思ったけど、サイアクは脱したのか、水も飲むようになってきた。病院へ電話をして、食べ物について相談したところ、腎臓が悪くなると食欲はあるのに、食べられなかったりするそうです。昨日、パクパク食べたものが、今日は食べられなかったりとか、いろいろあるので、とりあえず、本犬が食べるというものを食べさせるしかないですね。とは言っても、腎臓サポート食限定ですが。ここが難しいところ。しかも、体の負担にならないよう、1日の量を5回くらいに分けるのがベスト。水をどれくらい飲んでいるかチェックしたり、本当にいろいろと大変ではるんだけど、それでも、やっぱり、楽しそうにしているスーさんを見ているのは楽しい。一緒にお散歩できると幸せ。なので、できるだけのことをやりますv
a0027014_0225452.jpg
こんな形で寝られるのは、体調がよい証拠。良い日は心から嬉しい。夫は、朝、起きて、スーさんが生きているだけで嬉しいと言ってるけど、でも、やっぱり、本犬がツライ状態じゃあね。楽しい毎日が続くといいね、スーさん。
[PR]
by easternsky | 2015-11-12 17:50 | &スー | Trackback | Comments(0) Top