<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Top

a0027014_20183221.jpg

なんか、「宗教観」が足りないから、全然、ワケが分からないのでしょうか。途中まで、ものすんごい期待を持って見てたんですが、ほとんど、まったく、よく分かりませんでした。でも、あの闇の迫り方がもう、最高に怖くて、ツマラナイ映画、とも言い切れない感じでした。これって、どういう映画??またしても、ハイデン・クリステンセンが出てるから見てしまった映画。その他:

The Lovely Bones(2009)
14歳の時、変質者に殺されてしまったスージーとその家族の物語。ストーリーは良いと思うんですが、なーんか展開がスローだし、殺人犯にムカついて見てられず、家族が可哀想で見てられくて、途中早回し(--)。見どころはなんと言っても、レイチェル・ワイズ母さんと、マーク・ウォルバーグ父さんと、スーザン・サランドンおばあちゃん(スーザン・サランドンは直しまくりましたね。笑)。

『幸せの1ページ』(Nim's Island)(2008)
ジョディ・フォスター主演。ニムの生物学者のお父さんはジェラルド・バトラー。出不精じゃなくて、外出恐怖症の冒険小説家アレックス(ジョディ・フォスター)が、父親が行方不明になって、ひとりぼっちで無人島に取り残された少女ニムを助けに行って、最後にはどうやら、3人で無人島暮らしになってメデタシなお話。ジョディの大袈裟な演技が全然魅力的ではなく、ストーリーは陳腐。その上、最後にジェラルド・バトラー父さんとアレックスが手をつないで歩くシーンを見ても、実際のジョディの対象は男性ではないという事実が影を落とし(?)100%違和感。ジョディはいつからこういうドタバタ映画に出るようになったのでしょうか。

Away from her(2006)
数々の賞を受賞したらしい若いカナダ人女性監督の作品。認知症になりかけた妻が、症状がひどくなる前に、自ら施設への入所を希望。その後、急速に症状が進んで、夫が面会に行っても誰だか分からなくなり、気持ちは施設の他の男性へと移ってしまう。あまりに気の毒な夫の話なのかと思ったら、全然、そうでもありません。リアルというよりお話っぽい。結局、奥さんは演技ではなく、本当に認知症で、そして、最後に、一瞬だけ、以前の彼女に戻って、夫に言葉をかけた、という理解でいいのだろうか?????
[PR]
by easternsky | 2011-08-30 11:08 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(4) Top

以前から、1度、使ってみたいな、と思っていたシャネルの基礎化粧品。先週末、新しい美容液が発売になったということだったので、この機に替えてみよかなとチェックしに行ってきました。手の甲につけさせてもらったところ、美容液の伸びの良さ、化粧水の着け心地、クリームの香り、等々をとても気に入ってしまいました。その上...
a0027014_13522214.jpg
ご覧のようにパッケージがカッコイイ!以前、ガラスだった化粧水はプラスチック瓶へ。しかも独特のフォルムが持ちやすい!一気にポイントが上がって、シャネルに移行することに決定いたしました。試供品もたくさんもらって、旅行にも役立ちそうです♪ (クリームの容器は残念ながらガラスで重い。これは、どこのメーカーも仕方ないようですね。)

a0027014_13523374.jpg
ELでは、お誕生日月間ということで、「卓上ミラー」をもらいました。すごく、しっかりしていて使い易そう!基礎化粧品は,,,,,シャネルへ移行決定で買うものがなかったので、口紅を1本買いました。ELはケースに名前を彫ってくれるのが素敵♪

それにしても、シャネルのこのラインのネーミングが凄い!「エクストレム コレクシオン ファーミング」とか、もう、これ以上はない最強の名前!女性誌にも、「年齢にも重力にも「勝ちにいく」」なんて書いてありました。じゃ、これ使ってダメならもう諦めるということで。ははは
[PR]
by easternsky | 2011-08-29 13:51 | 自分メンテ・fashion | Trackback | Comments(4) Top

最近、何食べたい?「鉄板焼き」ということが多くて、行ってきました。コースはシーフードとお肉が丁度よい分量で食べられる真ん中のコース。

a0027014_1453424.jpg
サザエが美味しかった☆
a0027014_14531543.jpg
お肉はエージングビーフとフィレを半々。一番左のタマネギが美味ー☆


他には、魚、野菜などが出まして、最後に、デザートを注文。
a0027014_14532725.jpg
デザートはプリン。ふつーのプリン。
a0027014_151252.jpg
そして、チョコレートの大福(だったかな?)。これもふつーにチョコと大福(--)。


最初に出てきた「ニンジンのムース」が、食べたことない感じでデリシャスだったな。
締めのガーリックライスは、釜で焚いた御飯を使用。ベトベトしてなくてグッドでした。
デザートに全然、ひねりがないものの、鉄板焼きのお店だから、こんなものか。。
[PR]
by easternsky | 2011-08-27 18:19 | 食・レストラン | Trackback | Comments(0) Top

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by easternsky | 2011-08-22 22:37 | 旅・おでかけ Top

お盆だから空いてるかな、と思って電話してみたら、ランチは既に、予約でいっぱい!そこをなんとか、時間をずらしてテーブル確保。
a0027014_13485454.jpg
前菜+パスタ+デザートのコースは平日のみ。仕方ないので、メインの魚OR肉が付くPREFIXのコースを注文。写真は私が注文したナントカ鳥(また忘れた。--)。ほんとに美味しかったなあ!前菜、パスタ、メイン、全て、他のイタリアンとは一味違う感じ。チャレンジ、がありつつも、おいしい。ボタニカって、なんかイメージ悪かったんだけど、なんだ!美味しいじゃないですか。

a0027014_13491123.jpg

PREFIXコースは約4000円。軽めのディナーコースくらいのボリュームがあって、かなりお得感があると思いました。だから、込んでたんでしょうね。

ただ...ミッドタウンのレストランって、どこも、窓側にムリしてテーブルを配置していて...そこが、なんていうか、ちょっと、ダサい商業ビルっぽい感じ、、。窓に面したライブハウス、Billboard Live Tokyoは素晴らしいですけどね!あそこだけ、例外ですね.....
[PR]
by easternsky | 2011-08-16 20:00 | 食・レストラン | Trackback | Comments(0) Top

猛暑日も、これで4日目???猛暑日が3日以上続いて、しかも雨が一切、降らないと、RCの家は、いわゆる、「石焼きビビンバ」状態でしょうか。

More
[PR]
by easternsky | 2011-08-14 09:36 | 日々のくらし | Trackback | Comments(4) Top

Brooklyn's Finest(2009)
a0027014_9391862.jpg
ポスターそのまんま!リチャード・ギアXイーサン・ホークXドン・チードルXウェズリー・スナイプスの映画!でも、単なる「4大スター競演」ではなく、この映画は見応えありました。人物描写が細やかなので、ストーリー展開がリアル。

メインキャラの4人はもちろん、その他の登場人物にも感情移入ができるところが凄い。ツマラナ、、と思う映画は、主人公にさえ、感情移入ができなかったりしますよね。イーサン・ホーク、年取ってからさらに味のある役者さんになっております。


Mères et filles(2009)『隠された日記、母たち 娘たち』

a0027014_1042791.jpg
舞台はフランスの片田舎。50年前に子供を残して姿を消した祖母。その母である祖母に対する複雑な感情を持ち続けている母。キャリアウーマンとしてカナダで働いている娘。

50年前、失踪した祖母の日記を孫の娘が偶然発見して...というストーリー。お決まりのドタバタストーリー?かと思いきや、そこは仏映画。退屈で退屈で最後まで見てられない映画がありますが、この映画のように、本当に淡々とした映画って、そういう退屈さとはまた違い、日常を描いているわけなんですね。でも、ラストは結構、衝撃的。

気難しい母とケンカばかりしてしまう娘が、母を想ってプレゼントを買うシーンがあります。前と後ろに真っ白なエッフェル塔が、着丈いっぱいに描かれた濃紺のワンピース。着てはもらえないだろうと思ったそのドレスに、母が袖を通しているシーンがあって...その奇抜とも言えるドレスが、上品で、似合いまくりのカトリーヌ・ドヌーヴ!!!!! 圧巻でございました。

祖母を演じたマリ・ジョゼ・クローズも素敵でした。


Up in the Air(2009)

a0027014_13204956.jpg
邦題は『マイレージ・マイライフ』。ジョージ・クルーニーが好きじゃないので、特にどうという感想もないんですが、それにしても、アレックス(ヴェラ・ファミーガ)が酷い女過ぎる!!! この女優さん、あれ、どこかで見たことあるぞ、と考えても考えても、全然、思い出せないー。で、調べてみたら、おぉ!ジュード・ローの『壊れゆく世界の中で』で、ジュードの車に強引に乗ってくる売春婦役でちょこっと出ていました。チョイ役でしたが、強烈な役柄だったので印象に残っていたんですね。数年後にジョージ・クルーニーの相手役に抜擢ですか!すごい躍進です。


Revolutionary Road(2009)

a0027014_13402666.jpg
全く予備知識なし。ずっと、戦争映画?なのかと思っていました。全然、違った。。

ニューヨーク郊外の住宅地。その中でも、品が良いレボリューショナリー・ロードに家を構えた、自分たちは人とは違う、と思っているウィラ―夫妻。夫、フランク役のレオ様は、どーしてこうも演技が巧いのでしょう。妻、エイプリル役のケイト・ウィンスレットも然り。タイタニック・カップル、凄すぎる。

絶賛されたリチャード・イェーツ(Richard Yates)の小説をベースにしたというストーリーは、さすがに面白い!問題提起も鋭くて、ちょっと容赦のない感じです。女性ならば、おそらく、エイプリルがフランクに完全に冷めきってしまった瞬間が分かると思うんですが、男性は、フランクと同じように、を抱えたまま、やり切れない人生を過ごすことになってしまったり、するのだろうか。

問題が解決したわけでもないのに、翌朝、妻のご機嫌がいきなり直って、優しく会社に送りだしてくれたからって、それでもうOK! なんてことは、絶対にないのに、ね。。フランクが最後に見せる表情が切なすぎます。あの結末は、さすがに可哀想ですよ。なんて、レオちゃんが演じてるから、余計にそう思うのかな。はは
[PR]
by easternsky | 2011-08-10 17:25 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(2) Top

:::これは4月の記録です:::


a0027014_8554855.jpg当日・直前でも予約は簡単に入るだろう、と思ったら大間違い!予約でいっぱい。午後8時以降ならば、と言われたので、8時過ぎにお店へ。

More
[PR]
by easternsky | 2011-08-09 10:55 | 食・レストラン | Trackback | Comments(0) Top

あれ?去年もここへ行ったよな?単純に誕生日が近い、という理由で
「お誕生日ディナー」ということにして、行ってきました♪
a0027014_2013760.jpg
(↑これは一番下のデザートを取り分けてもらったものです)

a0027014_20132137.jpg
パスタ1. これ、なんだったっけ?名前忘れましたが、美味しかった。

a0027014_20132917.jpg
パスタ2. これはラザニアなんですよ。スモークしてあって、食べたことがない味でした!もちろんグッド☆


今年のお誕生日プレートはこんなデザートでした↓
昨年同様、記念写真を撮ってくれました。
a0027014_20133863.jpg


それにしても、店内はいっぱいだったなあ。イルデジ、大人気!!

東京のイタリアンは、店のカテゴリーを問わず、絶対にオイシィ。
んが、現状、国内だとメニュー選びがタイヘン。。
本日の鮮魚のカルパッチョ、は、やめとこ、、、
九州の赤牛ならOKか、とか。

家では産地を選んでますが、外では難しい。
でも、外食は止められないし。
できるだけ気を付けるしかないですね。
[PR]
by easternsky | 2011-08-09 10:42 | 食・レストラン | Trackback | Comments(2) Top

a0027014_9474013.jpg東京公演は、日、月、火、という曜日設定。平日の夜なんて、人、入るのかしら?と思ってたけど。午後9時半からのセカンド・ステージ大盛況!!!

More
[PR]
by easternsky | 2011-08-03 19:26 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0) Top