カテゴリ:&スー( 230 )

Top

a0027014_14333847.jpg
定点撮影地に植木屋さんのトラックが停まっていたので、別角度から。
納骨堂はちょうどお掃除中でした。
いつも綺麗にお世話してもらっているようで、有り難いです。
また来月110.png


[PR]
by easternsky | 2017-11-17 14:39 | &スー | Trackback | Comments(0) Top

2016年2月18日にスーさんが旅立ってから20回目のお参りへ行ってきました。月命日前後に行くようにしていますが、今月は尋常ではない雨続き&台風続きで、26日にやっと行ってきました。

行くたびに、新しいトリーツを持って行って、翌月下げたら、2代目のワンコのお腹へ入ることになっていますw

毎月、定点観測のようにお寺の木を写真に収めるのが楽しみ。天に向かって伸びている2本の木を見ていると、なんかスーさんとつながっている気がするから🌳🌳

海外旅行等に出る時はプリザーブドフラワーだけど、家のお位牌の生花も1日も欠かしたことはありません。よくやるね、と言われることもあるけど、そうしなければ毎日を過ごせない。

涙も枯れないです。2代目ワンコが来ようとも、やっぱり寂しい気持ちに変わりはないです。よく英語で、ハートの1部を一緒に持っていった、というような表現をしますが、まさしくそうなんだと思う。

アフターの世界はビフォアの世界とは全然、違う。でも、もし、スーさんが、私のハートの1部を持って行ってくれたのなら嬉しい。ずーっと悲しいのだとしても。

もう想い出しか残ってないけど、でも想い出があることがすべて、そう思う毎日です。また来月、納骨堂へお参りへ行くのを楽しみに。そして、またお花を買ってこよう。

↓2017年10月
a0027014_09255197.jpg

↓2017年9月 ちょっと空が夏っぽいね。
a0027014_09252965.jpg
↓2016年12月
a0027014_09251476.jpg
↓2017年2月
a0027014_09244202.jpg

[PR]
by easternsky | 2017-10-30 09:46 | &スー | Trackback | Comments(4) Top

台風7号の影響で、東京の天気はかなり不安定です。昨夜(朝方かな?)も相当な雨が降った模様。局地的な豪雨とかに巻き込まれても危ないので、スーさんのお参りは延期しようかな、と思っていたんだけど、午前中は天気も安定していたので、行ってきました。今回は、スーさん好物だった姫タラと鴨?のピーピーおもちゃを持って。お線香を1本あげて、滞在時間はものの数分なんですが、行くだけで気持ちが落ち着きます。
a0027014_13541552.jpg

こんなに悲しい、つらい毎日なのは、スーさんのことを本当に大切に思っていたからだよね。本当にいつも一緒だったからだよね。そう思うと、やっぱりワンコを飼ってよかったと思います。スー妹は今ごろ、どうしてるかな。
a0027014_13533372.jpg

[PR]
by easternsky | 2016-08-18 13:54 | &スー | Trackback | Comments(0) Top

スーさんがお星さまになってから、もうすぐ5か月になろうとしています。

どんどん、さびしくなるというのは本当でしたね。
最近よく、屋上で星空を眺めたりします072.gif

病気だった子は健康な体に戻って、虹の橋で元気に走り回っています、
と思っていられるのは、正直、死んでから1ヶ月間くらいな気がしますね。
3月21日春の大法要。号泣することもなく参加。その後、獣医さんへの挨拶も涙なしで済ませた。
獣医さんからも、「意外と早く来ましたね。」と言われたしね。笑

そして、49日が過ぎた4月10日にお寺に納骨。
あの時も、少し涙は出たけど、遺骨を預けてホッとした。

4月18日、2回目の月命日。あの頃からつらくなり始めて、
そろそろ3ヶ月となる頃から、喪失感マックスで、
それが、ずーっと続いています。

スーさんが旅立った2月18日から、毎日、決してお花を欠かさず、
朝、一番にお水を換えて、蝋燭の明かりも1秒たりとも絶やさず。
海外等で家を空ける時には、持ちの良い花を頼んで、プリザーブドフラワーも用意して。
月命日前後には、スーさんの大好きだったトリーツを持ってお参りへ。

そして、もうすぐ、5回目の月命日がやってきます。
今度は、スーさんが大好きだったピーピーのおもちゃを持っていく予定。

数年前に、やはり愛犬のエアを送り出した友人が、
あ、今日は涙が出なかったな、と思えるまでに半年かかった、と教えてくれて、
ずーっとそれを頼りに生きてるんですけどね。
私の場合、半年って来月なんだけど、うーん、なんか、あやしいな。

最初は気が進まなかったけど、スー妹を迎えることに決めました。
スーさんはずっとこの家に居るんやから、もう1匹飼って、2匹体制にしよう、
と夫に言われて、うん、そうだ!そうしよう!と思ったけど、
子犬さんが来るのは楽しみではあるけど、さびしい気持ちは変わりません。
実際、スー妹の世話で忙しくなれば、まあ、そうも言ってられないというか、
life will be easierという感じになるのだろう。
まあ、それが重要ですよね。
それから、エアを飼えるのはもうこれが最後だろうな、というのもあります。
海外のようにエアの保護犬はめったにいないですからね、日本は。
犬を飼うということには、明らかに年齢制限があると思うし。

今は、1年前の今日は、、とか思わなくなったら、少しは楽になるのではないか、と思っています。
2年前の今日は、、とか、4年前は、、とか、言うのは難しいし。w

何匹か飼い続けている人から、生涯Heart Dogは1匹なのだ、とか聞くけど、そうなのかなあ。
まあ、その答えはずーっとずーっと先にならないと出ませんね。
おそらく、ずーっとずーっと、スーさんとスー妹2匹体制でやっていくような気がしています。
a0027014_19590050.jpg
が、いわゆる、「ペットロス」とは違うと思ってるんですけどね。w
心の中に占めるスーさんの大きさが、全然、変わらない、そういう感じ。
で、おそらく、変わらないのだろうな、と、そういう感じです。
とにかく、スーさんに元気よくさよならを言ったところで、ブログを製本しておいてよかったわ、はは。

スーさんの助けを借りて、スー妹をスーさんみたいにいい人にするぞ078.gif

[PR]
by easternsky | 2016-07-07 21:10 | &スー | Trackback | Comments(6) Top

2月20日、土曜日。東京は午後から強い雨になりました。13:00、スーさんを白木の箱にそっと入れて、母が作ってくれた洋服をかけて(化繊は入れられないので綿のものがあってよかった!)、大好きだった牛の干し肉と牛筋を口の周りに置いて、私と夫がそれぞれが書いた手紙と私たちの写真を前足の間に挟んで、我が家から送りだしました。葬儀場では、スーさんの体が見えないほどお花を飾ってもらい、顔の周りには私が用意した白いバラを置きました。本当にかわいくて、お昼寝しているようにしか見えなかったスーさん。あんなにかわいいまま送り出せたことを嬉しく思っています。お経を上げてもらって、火葬の後は、説明を受けながら、夫と二人でお骨を拾いました。

2月に入って、病院通いで皮下点滴。家でも点滴を始めたのが2月12日、金曜日。けれども日々、衰弱。それでも、2月14日、日曜日、14歳と11か月の誕生日をスーさんスマイルで迎えることができました。でも、何も食べられなくなりました。2月15日、月曜日、午後くらいから後ろ足が立たなくなって寝たきりになりました。そこからもう、一切、外出もせず、夜も付き添ってシーやうんちの際は支えてやりました。ペットシーツもそのたびに交換。土曜日まで出張だった夫が、水曜日の深夜、スーの介護を代わるために帰ってきてくれて、スーさんの肉球を握って、一晩、寝てくれました。そして、次の朝、スーさんは旅立って行きました。

皮下点滴開始から7日、食べなくなって4日、後足が立たなくなって3日。苦しい最後ではありましたが、最速で楽になって、旅立ってくれたことに感謝しています。エアデールで14歳と11か月と4日です。大往生です。しかも、病気の百貨店だったのに。1週間前まで、お散歩もできたし、ドライブも楽しめました。早く楽になって欲しかったので、もう少し一緒に居て、とは全く思わなかった。14年と数か月の間、海外も最小限、日々のお留守番もあってもマックス3時間、散歩をスキップしたり、端折ったりしたこともなく、外出してスーさんの夕飯が遅くなったりしたこともなく、本当に最大限、一緒に居ました。自分たちの都合でスーさんのプログラムに皺寄せしたことはなかった。

数日、つらかったですが、お葬式を済ませたら、かなり気持ちが落ち着き、翌日、日曜日には、悲しみの涙も出なくなりました。スーさんのものをすべて処分、というようなこともしていません。夫も残してほしい、というので、スーさんのピーちゃん毛布とか洋服とか、大半のものはきちんと整理して、物置の棚に並べました。さすがに14年以上、一緒に居たので、スーさんとの毎日をつぶさに思い出すし、ふっとスーさんの気配を感じるのですが、そんな時、自然に笑顔になります。そういうすべてのものが、悲しみと、会いたい気持ちを運んできて、いたたまれなくなるのかと思ったけど、違ってました。スーさんの写真を見ると、やっぱり笑顔にしかならない。全くやり残したことがないと思えるので、スーさんの旅立ちからまだ5日しかたってないのに、既に立ち直りました。というか、悲しむ要素がないんですよね。不老不死を望むのでもない限り。

遺骨にお水や大好きだった食べ物をお供えするのも、スーさんを世話をする形が変わっただけのような気がします。ただ、、近所を歩くと、ちょっとだけつらいかな。スーさんなしで歩いたことなんて、ないですからね。でも、それも、やっぱり、目頭がちょっと熱くなって、スーさん、とつぶやいてしまう程度です。

今後は、スーさんの魂はどこでもいっしょ。全く帰りを気にせず外出できる。憧れの、「買い物したあと映画」とかもOK!美容院が長引いてもイライラしなくてOK! 海外遠征も激増することでしょう。14年と3か月と4日間、本当に素晴らしいスーさんとの時間でした。いや、これからも、スーさんとの時間は続きます。そう、感じるので、まったくさびしくないです。いや、ほんと、自分でもどーなることかと戦々恐々としてたけど、だいじょうぶ、スーさん、だいじょうぶだったわ、スーさん。本当にありがとー。スーさんのおかげだ。これからもよろしくね。スーさんを見守っていただいていた方々も、本当にありがとうございました!
a0027014_12440900.jpg

[PR]
by easternsky | 2016-02-23 13:23 | &スー | Trackback Top

疲れさせて体調でも崩したら大変し、留守番させるのも嫌なので、行くのをやめようか、とも思ったんですけど、もう最後になるかも知れないし、思い切って連れて行きました。車の中ですごく嬉しそうにしていたスーさん。角膜ジストロフィー→角膜潰瘍悪化→デスメ膜瘤破裂、となってしまった左目は、目を閉じていた方が早く治ると言われて、人間用の眼帯をテープで止めてみたんですが、寝ておきたらもうズレてる!!!
a0027014_21305160.jpg
逗子に到着。着いた頃には、眼帯崩壊、、、。上から包帯で巻くと、窮屈らしく嫌がるので、テープで止めるだけにしているんですが、なにしろファーボールさんなので、毛の上じゃテープはきっちりはひっつかない。でも、その分、気にならないみたい。帰り道は途中から寝ていたスーさんですが、ものすごく楽しそうに歩いてました。やっぱり、みんなで一緒に行ってよかったな。よい想い出になりました。
a0027014_21223130.jpg

[PR]
by easternsky | 2016-02-08 21:33 | &スー | Trackback | Comments(2) Top

1週間前の1月21日の写真、なんと元気そーなことか。ずーっとこんな感じで行けるかな、なんて思っていたけど、そんなはずもなく、、、

1月27日(水曜日)
いきなり、朝ごはんを食べない、スープも飲まない、元気ない、という状態に。開院前には病院前でスタンバイ。すぐに血液検査をして、考えられる限りの処置(抗生剤注射、ステロイド注射、など)、点滴をして帰宅。その日はもう、ずーっと夜まで寝続けて、もう起きないのか、このままお別れなのかな、と思いました。前日、海外出張へ出る夫が、「元気いいなあ。この分だとまだまだ、あと半年くらいはだいじょうぶやな。」と言っていたところだったのに。

1月28日(木曜日)
朝起きて、2か月ぶりくらいに自分で水を飲んだ!鳥汁か鰹節汁しか飲まなくなっていたのでビックリ。朝ごはんも食べて水分も採ったけど、念のため獣医さんへ連れていって点滴。元気になったーーーと喜んでいたら、今度は、左目から流血騒ぎ。。午後1番で獣医さんへ行ったところ、角膜ジストロフィー→角膜潰瘍→それが重度化してデスメ膜瘤と診断されました。通常、眼球が治るまでまぶたを縫う等の処置をするそうなのですが、スーさんの場合、なにしろ肝臓の数値が悪くて、とても全身麻酔をかけられそうにないので、エリカラと点眼で頑張ることになりましたがそれから数日は、もうほんとーに大変でした。少し見えていた左目にダメージを受けたため、もうまったく見えなくなったようで、家の中であちこちぶつかるようになってしまいました。こうなるとエリカラ必須。けれども、外のお散歩は、結構、上手に歩けるスーさん。Brave & strongと言われるのが分かるわ。えらいね、スーさんは。

2月4日(木曜日)
数日間、目の周りを拭いてやっては目薬・ヒアレインを繰り返して、なんとか目も治まってきたところで、2週間ぶりに造血ホルモン注射を打ってきました。目の鬱陶しさがとれたのか、本犬はほれ、この笑顔。土曜日にはまた血液検査と、抗生剤の注射です。いやー、ほんと、ここまで大変とは思ってなかったけど、14年間の歩みを振り返ると、少しでも長く一緒にいたいし、少しでもQOLをあげてやりたいし、やっぱりやれるだけやってやりたい、というその気持ちだけです。スーさんががんばる限り、私たちはがんばるよ!
a0027014_10052909.jpg
午後のお散歩ではひさしぶりに公園へ行ってみたけど、スーさんにとっては道を歩く方がいいみたい。公園だとどうしていいのかわからず、固まってしまいます。もう少しあったかくなってフリースが脱げるといいね。
a0027014_10054418.jpg

[PR]
by easternsky | 2016-02-05 10:07 | &スー | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_12584250.jpg
毎週、木曜日は血液検査&造血ホルモン注射の日♪ になりつつあるスーさん。本日もフリースを着こんで、ブーンとオープンカーで行ってまいりました006.gif。血液けんさの結果、貧血が改善されていると判明したため、来週はホルモン注射はお休み。2週間後にまた検査と注射へ行くことになりました。体重が増えていて、それを維持できているのも良い傾向です!慢性腎不全は痩せますからね。頭の傾きも、ほれ、ご覧のとおり改善中です。スーさんはほんと、良い子の上に強いワンコだわ066.gif。メールしたら夫も大喜びです。ありがとうね。
[PR]
by easternsky | 2016-01-21 12:59 | &スー | Trackback | Comments(0) Top

本日、無事、14歳と10か月になったスーさん。3回目の造血ホルモン注射へ行ってきました。注射を打つ前の血液検査で、赤血球が増えてきていることを確認。こんなに早く効果が出て嬉しいです。今日の3度目で、またどれくらい改善するかな。来週の血液検査が楽しみです★(大型寒波到来予報が出ているので、雪で病院へ行けなくなったりするのだけが怖い。。今のところ予報では関東は雪は降らないようなんですけどね。)
a0027014_14434109.jpg

[PR]
by easternsky | 2016-01-14 14:46 | &スー | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_17373526.jpg
慢性腎不全もファイナルステージに入りかけたとは思えないほど元気で、今日も笑顔バクハツのスーさん。去年の年末、ついに貧血症状が現れたため、ホルモン注射を開始。本日は1週間後ということで、2度目の血液検査と注射へ行ってきました。当分、週1で通うことになりそうです。この注射さえ打っていれば貧血で命を落とすことはないそうです。輸血が必要になるようなケースは、この注射を用いてないか、あるいはまれに抗体ができてしまって注射が効かなくなることもあるそうです。

検査と注射の経済的な負担から、あるいは、その他の信念から、この治療を行わない獣医師もいるそうです。今のスーさんは、食欲も旺盛で意欲も高く元気に生活しているので、この治療を継続していくつもりです。注射の間隔が空けられるようになればいいんですけどね。スーさん、すごく頑張っているので、わたしもがんばるぞー!

[PR]
by easternsky | 2016-01-07 17:45 | &スー | Trackback | Comments(0) Top