『犯人に告ぐ』

Monday, August 16, 2004(1)

依然としてわたしはおボン休みで、仕事はないし、
現場は19日までお休みで進捗チェックの必要もないし、
(と言っても、一応、毎日、問題がないかどうか巡回には出ますが)
先週、買った『犯人に告ぐ』を読んでみました。
(ライフログに登録してみました。なるほど、こういう風に使うのか!ふむ。)
最近、家・インテリア関連の雑誌や洋書ばかり読んで、遠ざかっていたのですが、
私はミステリーが好きで、主として洋物を好んで読みます。
和書でミステリーを読む場合は、話題になっている本、
本屋さんで「今週のベスト10!」などに入っているのが目に留まって、
というケースが多いのですが、これもそういう1冊です。

わたしが最も嫌いなミステリーは、ラストが荒唐無稽で、
そりゃーいくらなんでもないでしょ??という感じで終わっていくもの。
次に、「え?つまりは?ん?...っていうこと?」という感じで、読者の想像に任せるというか
(わたしの理解が浅いからそう思うのかも知れないけど)、はっきりとは結末を書かないもタイプのもの。
この『犯人に告ぐ』はそのどちらでもなく、無理のないストーリー展開で十分、ワクワクできて、
ページが尽きていくとともに、順当に結末に近づいて(これが大事!)、納得して読み終わりました。
「劇場型犯罪」を扱ったものとしては『模倣犯』がありましたが、これは「劇場型捜査」。
映画化・ドラマ化すると、結構、面白いのではないかなあ、
主役の刑事役、誰がいいかしら?などと考えながら読むのは楽しかったです。
《TOP》

[PR]
by easternsky | 2004-08-16 15:21 | 日々のくらし | Trackback | Comments(2) Top

トラックバックURL : http://nshouse.exblog.jp/tb/873129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akimaru21 at 2004-08-17 10:50
こんにちは♪
私、ミステリーは洋物も和物も大好き!
ただ横文字の名前は、硬くなった頭になかなかス〜ッと入っていかないので、
どちらかというと、和物の方が何となく馴染みやすいかな(笑)
コレ、早速探してみま〜す☆
Commented by easternsky at 2004-08-17 16:10
正直なところ、わたしもそれ、よくあります。
表紙の裏に載っている登場人物の名前を何度も見かえしたりして(笑)。
和物の方が馴染みやすいのは確か。その分、すぐに読めて物足りないことも(笑)。
とにかく字が小さくて2段になってて分厚いのが好き(←変わってますよね、これって。)