ピアノ椅子、再び。。(4)

バルツ社のコンサートスツールと、ホンベルク社製の三日月椅子(!)について、ショップに問い合わせたところ、「ネジで高さを調節する高低自在椅子は、調節部分が金属と木の組み合わせである限り、鳴らないとは言えないです。」という回答を頂きました。(実は、、問い合わせた中の1軒からは、「あまりに高級で販売経験がなく、お答できません。」という回答をいただきました,,,,,)



■とはいっても、イタリアンのD社製のように、調節部分に「ガタ」が来て、ガタピシ鳴る、というようなことはなさそうですが。でも、たまに「ギィ」と鳴ったり、最初は鳴らなくても、そのうち鳴るようになったり、ということは、「ないとはいえない」模様。

■そうですか、、、。

■つまり、ネジによる高低自在椅子の場合、「金属とプラスチック」の組み合わせの方が、安い椅子の方が、鳴らない、ということだと思います。前のポトフピアノと一緒に付いてきた(と言っても買ったんですが。2-3万円だったと思います)、ネジ部分がプラスチックの椅子は、鳴る気配もなかったものね。要らない、と思って調律師さんに差し上げたのですが、「まだあるので、お返ししますよ。」とのこと。けれども、あの椅子は、今のベヒの前にはとても置けません、、、。そもそも色が中途半端過ぎ!

■高低を調節する部分が鳴る、ということならば、自分の高さに合った、「高低不自由椅子」を買おかな、とも思ったんですが、でも、たまにちょっと高くしてみたり、低くしてみたり、したいんですよね、これが。

a0027014_8262778.jpg■ということで、調律師さんが持ってきてくれた、←「ガススプリング式」しかない!と。けれども、このデザインはどーしてもバツ。どんなに優秀な椅子でも、これに10数万円は出したくありません、、。そもそも横幅があり過ぎですし、座部の「薄さ」がね、グランドピアノ、というか、アコピに合わない雰囲気。。デジピならば似合いそう。
a0027014_8285493.jpg■というわけで、こーんなのを見つけました!→ ホンベルク社製と違って、「レザー」なので、つまりは「合成皮革」なんですが(・・)、そこはもう目をつむることにしました。デザイン的には、、まあ、、足の部分、チープそうで怖いですけど、しかし、そーは言っても我慢できないデザインではない! もし、ダメでも、ガレージに置いてもいいし(意外と座るとこ必要)、地下の夫の部屋に置けばギターを弾く時にでも座るだろう、と一応、注文してみました♪

■どんなん、来るかしら,,,,
[PR]
by easternsky | 2009-06-13 08:39 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(5) Top

トラックバックURL : http://nshouse.exblog.jp/tb/8397898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sharahouse at 2009-06-13 14:36
色々見つけてくるねえ。(感心)
夜中に人気がなくなると、歩きだしそうな足だわ。w





Commented at 2009-06-13 14:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by easternsky at 2009-06-13 18:42
◆sharaさま

確かーに!

なんか、トリさん、っぽい?

でも、もし、無音椅子ならば、他は目をつぶろうかと(--)/
Commented by グッチ at 2009-06-14 19:02 x
初めまして
私も現在ピアノの椅子を探していてブログを読ませてもらい大変勉強になりました^^

私が調べたのはサンミューズというお店が扱っているドイツ製ブルグハード社の椅子と、ピアノハウス ハントケルナーのドイツ製オーダーメイド椅子などデザインが良さそうでした
Commented by easternsky at 2009-06-14 21:35
◆グッチ様

はじめまして。
ピアノイス。
これまで悩んだこともなかったんですが、
こだわると、逆に、いろいろ問題が出てきたりするようで、、笑。

一応、注文した椅子を待ってみて、
ダメなら、「高低不自由椅子」でしょうか。。
構造的に鳴らないですものね(笑)。

高さを変える必要、実際にはないですから、はい。