中指さんの役割について

とりとめもない趣味カテのところに書いたんですが、心配してくださる方多数で本当にお気づかいありがとうございます!

打撲については即効冷却が効いたようで、翌日、さほど腫れることもなく、じっとしてれば痛むこともなくなりました。階段の上り下りはまだやや辛いですが、歩くのに支障はもうない感じかな。しかし。手は辛い。左の掌は血豆さん状態。右の掌は親指の付け根から黒い(・・)。でも、それよりなにより、やっぱり中指の腹の部分の裂傷が辛い。超不便。



今回の怪我で、中指さんの役割を改めて認識いたしました。おそらく、人差し指の怪我の方が生活に支障ないかな、なんて。

■箸がちゃんと持てない。中指さんは箸の動きを調節してたんですね。

■ハサミが使えない。眉用に至っては、指を入れるところに指が入らず(・・)。(あ、これは指先保護のために、ぐるぐると包帯を巻いてるからですが,,,,,)

■ぞうきんが絞れない。一応、右手は親指と人差し指で絞ってはみるんですが、固くは絞り切れません。(とにかく指先が濡れる作業はすべてゴム手袋着用。)

■ビンなどの蓋を開けられない。

■次にこれは、中指というより、右手を使えないことから生じる問題ですが、顔をちゃんと洗えない。左手だけだとかなり時間がかかります。(ので、うすーいゴム手袋をはめて両手で洗うことにしました。)

■同様に左手によるコットン使いもかなり難易度高し。顔に満遍なく化粧水をヒタヒタ浸けられないし、首周りを拭き取るのもかなり難しい。

■洗髪。これは片手では無理だろうと諦めて、昨日、英会話の帰りに美容院で洗ってもらいました。プラス、ブロー。これは別に出来そうなんですが、濡れた髪で帰るわけにもいかず。

■そして左手だけでピアノの練習。右手なしだと楽譜を見ないとどこ弾いてんだか分からなくなったりして調子がでない。で、かなり痛みも収まったし、右手の中指の音抜きで、弾けるところは右手を添えて弾いてみました♪ 

■しかし。途中、黒鍵と黒鍵の間に中指が挟まれて動けなくなる事故が続いて断念(.o.)。左手に専念。

■包帯を太く巻きすぎなのかも。といえば、自分が覚えている中指の太さ・長さと違うせいか、昨日、門扉に中指の先をはさんでしまって激痛&また出血。。早く治そうと思ってこーんなに気を遣っているのに。まったくもう。情けなくって涙が出た。本当に。とほほ。。
[PR]
by easternsky | 2008-03-19 15:49 | 日々のくらし | Trackback | Comments(4) Top

トラックバックURL : http://nshouse.exblog.jp/tb/6915705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shara at 2008-03-19 23:22 x
中指の裂傷って・・・・
裂傷って字ヅラがもう、めちゃくちゃ痛そう・・・

ダイジョブ?
ダイジョブじゃないよなあ。

しかし、スーさんてば「動かざるごと山の如し」だったのね。
漬物石のようね。

もうこうなったら、左手のためのピアノ協奏曲の練習にはげんで下され!
お大事に。

Commented by easternsky at 2008-03-20 18:58
◆sharaはん。
大丈夫だよ。
スーさんに被害なし!!
私がつっかかった、ってことになると、
「スーさん大じょうぶだった?」っていうのを
皆さん最初に心配するんですが(・・)、
さすがに四足&体重19キロ近いわ。

我が家でも「漬物石さん」と呼ばれてますから。はい。

「左手のためのピアノ協奏曲」、、
コンポーザーは誰??ふふ
ま、長く休むと調子狂いそうで嫌だけど
仕方ないです。
ありがとさんでございます♪
(あ、ブログ、更新してよねっ!)
Commented by sharahouse at 2008-03-23 13:34
うは、はい!!w
Commented by easternsky at 2008-03-23 16:58
◆sharaはん。

うむ。よーろーしぃ。ふふ