床暖房の燃費向上は気のせいだった。

つい先日、床暖房の燃費向上?というエントリーをしたのですが、やはり暖冬のせいだったみたい。東京は日曜日からグーンと冷え込んできて、昨日も今日も朝3~4度、日中も10度に満たない1月並みの寒さだそうです。でもって、床暖の温水の設定温度を35度から40度に上げたら、あっという間に灯油が無くなった。。やっぱりね。



やはり灯油の消費量(もち)は温水の設定温度しだい。

35度設定→2週間
40度設定→10日前後
43~5度設定→7日前後

で、タンク一杯の灯油が消費される模様。今年もこのままいくと、2005年の冬同様、1週間に1度は灯油を配達してもらわないと持ちそうにありません。。

先日、オール床暖で家を新築中の人に話を聞いたら「電気」にしたそう。オール電化の方が灯油よりもコストを抑えられるらしい。オール電化の方が温暖化阻止にもつながりそう。うーむ。いたしかたないが。なんとかしたいものです。
[PR]
by easternsky | 2007-12-19 09:42 | 日々のくらし | Trackback | Comments(0) Top

トラックバックURL : http://nshouse.exblog.jp/tb/6578220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]