ピアノの先生決定。

大人になってから3人目の先生決定。希望どおり、若い先生。いや、なんか若い方の方が良い気がするんです、わたしは。なにしろ、2011年の春以降、レッスン休止で、その後、勝手にやっていたわけなので、1人で仕上げた曲などありません。まあ、「別れの曲」はまあまあじゃないかと思うのですが(が、まだ聞いてもらってないので微妙ですけど)。

とりあえず、「スケルッォ2」をきちんと仕上げることになりました。細かいところで、間違って弾いていた箇所も数か所発見され、あー、やっぱり先生につくことにしてよかったわー。あとはシンフォニア希望なんですが、その前に、インベンションの9番をやることにしました。やっぱりバッハの練習は楽しい。

前回はすごく厳しい先生で、というか、すごく良い先生だったと思うけど、普通の人ではなかった気がします。一切、私語なし笑いもなしでリラックスできず。なんで大人になってこんな思いをするのか、みたいな気に途中でなったりして。週1レッスンもきつかったんでしょうね。毎週、火曜日が来るのが気が重くなってました。もし、楽しかったら、一時休止の後、再開していただろうと思います。

けれども、その大緊張で受けていたレッスンで得られたものも大きくて、5年のブランクはありますが、前よりは確実にマシになっているような気がします。いえ、気だけではなく、実際、何人かの人にそう言ってもらいました(前が酷かったということではあるんですが)。

先生にさえつけば、私はかなり真面目な生徒なので(子供の頃は一切、練習せずにレッスンに行ったりしていたけど)、きちんと練習するようになると思います。そういうわけなので、この明るい先生と月2回、楽しくレッスンをやっていけば、きっと、また、違う世界も見えてくるんじゃないかなあ、と淡い期待を抱いております。

[PR]
by easternsky | 2016-03-24 10:39 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0) Top

トラックバックURL : http://nshouse.exblog.jp/tb/22634930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]