設計事務所にクレームの電話(地下室の湿気問題(2))

エアコンによる除湿は地下室の温度が下がり、外気温との差ができてかえってよくないと気づいて中止。とりあえず、送風にし、扇風機で地下室の空気を外に出すことにしました。

そして設計事務所に電話。防湿と防水がちゃーんとできていれば、地下室はむしろ、外気の影響を受けにくいはず、施工面で問題はないのか換気扇のパワーも弱すぎるのではないのか、というような話をして、すぐに対応策を練っていただけるようお願いしました。ギターにカビが生えて夫が怒り心頭!地下には夫の大切なお宝プラモや本が置いてあるのに、、、と伝えておいたら、す~ぐにハラ監督から電話が入り、これから見に行きます、ということだったのですが、どうせ火曜日に大理石の研磨に来てもらうことになっているので、その際に見てもらうことにしました。「びっしり黴が生えていた、っていうことはずっと使ってなかったんですか?」と聞かれて、うぐ、そのとーり。でも、使ってなくたって黴なんて生えないよね?ふつう,,,,,,,,,,

その後、設計事務所からも電話が入り、他のお宅でも地下室の湿気の問題が出て、除湿機を取り付けたら、毎日、何リットルという水が出た!みたいな話を聞きました。そのお宅、今はもう湿気は収まっているそうなんですが、我が家はそこまでじゃないだろうけど、でもじゃ、除湿機投入ってこと??一時的な問題で済むのであればまあいいですが。
[PR]
by easternsky | 2005-07-10 20:26 | 家メンテ | Trackback | Comments(11) Top

トラックバックURL : http://nshouse.exblog.jp/tb/2086498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ガーコ at 2005-07-10 21:23 x
うちはドライエリアがある地下(寝室・バスルール)がありますが!やはり今の時期は除湿機が大活躍。みるみる満水になります。施行上でどんなに対策をしても、やはり地下は地下。湿度の問題はある程度は致し方ないと割り切っています。でも、地下は今の時期涼しいし、こもっている感があるので、気に入ってます。手がかかるのぉ〜。と思いながら、うまく付き合っていこうかと思ってます。
Commented by カレン at 2005-07-10 22:53 x
大変でしたね~
ウチは5月からアブラムシとその他、小さな虫が部屋に侵入してきて
大騒ぎです。どこから入ってきているのか不明だし。。
ガーコさんの仰るとおり、家もカラダと同じでうまく付き合っていくことが
大事なのかも知れませんね。
Commented by easternsky at 2005-07-11 00:05
ガーコさん、こんばんは。
うーん、いいなー。地下にドライエリア付きの寝室とバスルームですか。
わたしも当初、そういうプランをお願いしてみたんですがっ、
我家の場合、1階にどーんとガレージが来て、地下と2階に
生活空間が分断されるから、と設計者から却下されました、、、

で、憧れのドライエリアなんですが、ドライエリアがあって、
普通に窓が開けられても、やっぱり時期によっては湿気が高くなるんですね。
なるほど。勉強になります。
やっぱり除湿機を買えばいいのかな♪そう思えば気が楽。
みるみる満水になる、っていうのもなんか達成感?がありますよね(笑)。
また地下室情報、教えてください。
Commented by easternsky at 2005-07-11 00:08
カレンさん、こんばんは。
アブラムシ、小さな虫も湿気と同様、
侵入を防ぐのはかなり難しいですよね?
実は我家も、なぜか玄関ポーチに「だんご虫」がたーくさん!!
謎なんですよ。最初、ゴミだと思ってたら違ってた!!

確かにそうだ!自分の家なんだからうまく付き合わないとダメですよね。
昨晩はかばんや本のカバーについて黴を見て、
「なんじゃこりゃ!!!ちゃんと施工してんの!!」
って腹が立ったんですが、ちょっと落ち着いて対応をがんばります。
Commented by marmina1 at 2005-07-11 00:36
ニッポンでカビのない地域って言ったら
梅雨がないから北海道?くらいしか思い当たらない・・ほど、
この国に住む以上は、湿気って仲良くしないといけない厄介者なんでしょうね。

そうそう、家の状態やクセを知っておいてあげるのも、オーナーの役目です。手間暇かけて、家は成長するのじゃ〜〜〜〜!リフォームした家では「ナメクジ君」が登場していますm(__)m
Commented by yamada at 2005-07-11 01:20 x
施工時の防湿と防水の問題もあるようですが、コンクリ自体の乾燥に一~二年程かかるので、その期間は非常に神経質にならないといけないようです。

我が家も、地下室に楽器とかAV機器とかがありますので、エアコン付属の湿度計で定期的にチェックしています。確かにこの時期は湿度が上がり気味。気付くと70%位(楽器ケースのいい加減な湿度計は80%!)を示すこともあるので、エアコン除湿をタイマー稼動させ、50%以下に保つようにしています。
おかげでカビは今のところ発生していません。

ところで、ドレンアップポンプが付いたエアコンが設置してあれば、エアコンのほうが除湿機よりも強力だと思います。除湿機ですと、すぐに満水してしまい、どんなに多いタンク容量でも1~2回/日の排水が必要だそうです。毎日階段上がって水を捨てるのも面倒でしたので、私はエアコンに頼っています。
Commented by easternsky at 2005-07-11 08:43
○ちゃん、おは。
やっぱりニッポンは黴天国なのかなあ。
湿気とはむかーしから仲良く付き合えない!
だって、クセ毛がバクハツするもん。でも
まあ、湿気のおかげでいいこともあるよね!
お肌がかさかさしない、とか。

手間暇かけて家は成長するのだ!
なるほど。そうなんですね。分かりました。
メンテフリーなんかあり得ない!ということで、
そういうことは手間暇・お金がかかっても仕方ないと
思っていたんだけど、カビ対策も同じか。。
肝に銘じます(ナメクジ、ぎゃーー。苦手ー。蛇ならオッケー。)
Commented by easternsky at 2005-07-11 09:31
yamadaさん、おはようございま~す♪♪♪コンクリートが乾くまでに時間がかかり、その間はひじょーに神経質にならねばならない、と注意しておいてもらったらよかったわ。(それって、ジョーシキなのかしら?だとしたらお気楽すぎですね、反省。)

さて、エアコンについてですが、リビングは天井埋め込み、和室も見えないように造作して、とお願いしただけで、機種(機能)はおろかメーカーさえ知らない。コストも正確には把握してません。我家の誰もこういうものに興味がないので(恥)。ドレンアップが付いたエアコンって高額機種なの?すっごく安い機種が付いてたりしたら今から問題になるでしょうね(恐)。

カビを発見してすぐに除湿を開始して1.5日ほど運転しておいたら、地下室のガラスの壁の外側に水滴が付いていたんです、、。あれ見たら、地下室だけ冷やすのは問題だな、と。検索結果からも「非現実的だけど地下室を暖めるのがよい。」なんて書いてありました。壁がガラスでなければ問題は起こらないのかも知れませんね。現在、監督が社内の技術者と相談中なので、なんらかの提案があると思われます。
Commented by easternsky at 2005-07-11 19:12
yamadaさん、追加です。。
監督に確認したら、地下室のエアコンはもちろん、ドレンアップ機能付き、だそうです。通常、地下室にはこの機能がないエアコンはつけないそうです。とりあえず、ほっとしました。。
Commented by yamada at 2005-07-12 06:19 x
ガラス壁の結露ですか。想定外でした(笑)

温度差を無くすということですと、除湿機は温風がでるので結露も防げますね。ただし、除湿方式によってはかなり温度が上がりますので、温風の逃げ場の無い地下室ですと、不快にならないように注意することが必要かな?
最近の壁掛エアコンは再熱除湿機能がありますが、天井埋め込み式はどうなんでしょうかね。(リモコンに無いと機能は無いのかも)

整理すると、強力な除湿機をガラス壁近くで稼動させ、室温上昇をコントロールするためにエアコンを使用する、、、ということでしょうか。あまりクリティカルではないなぁ、ごめんなさい。
Commented by easternsky at 2005-07-12 09:38
yamadaさん、おはようございまーす。
本当にありがとうございます。いろいろと真剣に考えていただきまして。
昨日、監督にも「安易に”エアコン除湿”って言うな。」と言ったところ。
我家の場合、絶対に合わせ技が必要なはずだもの。
んなこと、私にだってわかるんだから。まったく。

ということで、除湿機、温風が出るのもあるのですね。
24時間換気だし、あれだけ寒い地下室だもの。
少々の温風では暑くはならないと思うなあ。それに
そもそも、我家の地下室は納戸で、たまーに
しか使わないので、使う時だけ除湿機止めたってOKだし。

それから、天井埋め込みは「リビング」のみ。です。
キッチン、寝室、地下室、ガレージ、和室は全て壁付けです。
再熱除湿機能???うーん、どういう機能なのか検索が必要です。
設計事務所はこういうエアコンの機種選定までしてくれるべき
だと思うのですが。がーがーがー

整理ありがとうございます。私も近い整理をしつつありました。
室内はエアコン除湿。室外は除湿機のダブル運転!