忙しい日曜日でした。

今日は運転手さんに急なお仕事が入ったため、
都立大学と自由が丘の間くらいにあるトリミングショップへ
わんこを自転車で連れて行って(もちろん、わんこは歩き・・)、
帰ってすぐに、うちの設計事務所&工務店で、昨日、竣工、
本日、お引越しのお家を見せてもらいに行って、
(引越しでお忙しい中、本当にスイマセン&ありがとうございました!)
急いで帰って、また自転車で自由が丘方面に行って、
インテリアショップを見て周り、
トリミングショップから携帯に電話が入ったので、
ショップにお迎えに行って、また自転車で連れて帰る、

とまあ、こんな感じ。
しかも、夕飯作ったし(ホホ)。
a0027014_053741.jpg
以前から気になっていたメグロ通り沿いのお店でクッションカバーを購入。カラリングといい肌触りといい(イタリア製のタオル地だそう)、すっごく好み。今度、張り替えるAソファーの生地に合わせて買ったのですが、待ちきれず、すぐに使用(笑)。ラグのオーダーメードもやっていて、サイズは言うまでもなく、色からパターンまで自由自在にオーダー可。型紙さえ持って行けば、どんな変な形でも作ってくれるそうなのでトライしてみたいと思っています。カーテンもやっているようなので、頼もうかしら?やっぱり近いところが一番!




しかし、お引越し、とは言いながら、
玄関前のアプローチの石はまだ貼れてないし、
キッチンの引き出しが到着してなかったのにはビックリ!
施主&設計事務所チェックも未だ途中という感じで、
これからその補修をするようです。うーん
考えられません。。

今の家の引渡しの時は、綺麗に掃除も済んでいたし、
引渡し2週間前くらいに竣工して、施主チェックをして、
問題箇所を直してから引渡し、だったと思います。
けれども、設計事務所と工務店との信頼関係があれば、
まあ直しは後でも可。入居することが優先するケースもあるでしょう。
よく「家づくりHP」なんかには「きちんと直してもらうまで引渡しには応じないこと」
なーんて、書いてあったりしますが、確かにそういう心配は無さそうだし。

上棟後にあれだけプランを変えれば、遅れるのは当然と言えば当然です。
RCの場合、躯体さえ打てば、内壁はある程度自由自在なので、
打ち上がった後、現場でプランを再考&修正、というアプローチは悪くないとは思います。
内装なんかも、確かに躯体が打ちあがると、イメージが豊富に湧いて来る!
だから私たちもバスタブを変更できたんだし♪ しかし、、、
そういうアプローチを採るのならば、普通よりも早めに上棟すべき、といいますか、
引渡しを遅く設定しておく必要があるのではないかしら?
なーんて、思ってしまうけどなー♪

私たちの引渡しも、あんな感じになるんだろうな、と
覚悟できて良かった?できるだけ避けたいですが。
[PR]
by easternsky | 2004-12-27 00:19 | 日々のくらし | Trackback | Comments(0) Top

トラックバックURL : http://nshouse.exblog.jp/tb/1480177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]