建築のダイナミックプログラミング

とーは?なんなの?
今朝の新聞に入っていたチラシのタイトルです。
「プロジェクト志向で目指す、建築物の最高着地点。」
施主の要望を建築家に直接伝え、
各案件に最良の結果を追求するために、
設計プロセスにプロジェクト志向を導入した、のだそうですが、
「建築家との家づくり」、ってプロジェクト志向でしかあり得ない、
と思うのですが、というのは置いておいて、




また新しいプロデュース会社かしら、と思ったら、そうではない模様。
でも、チラシからは、プロデュース会社との違いはよくわかりませんが。
どうやら発起人は建築家有志で、価値観を共有できる建築家が、
各案件に対してアイディアを提案する、というようなことらしいです。
プロデューサーにもいろいろあるわけですが、
建築素人がやっているプロデューサーよりは、
ずっと付加価値が生まれそう、な気もしますよね。

設計プラン、って建築家のライフスタイルや価値観に
大きく規定されてしまいますよね?
プラス、さまざまな施主との設計経験。
だからこそ、「過去の作品」を見せてもらったり、
「自邸」にお邪魔したりして、自分たちの価値観や要望を
果たして理解してもらえるのか否かを量るわけですが、
本当に自分たちにピッタリ!の建築家を見つけることは、
なかなか難しいのではないかと思うのです。
あっちを取ったら、こっちが弱かった、というようなことは、
往々にしてあるのではないでしょうか?(あ、ないですか?)

ということで、複数の建築家がアイディアを出す、
というのは悪いことではないような気がします。
プランに幅と深さが出るのではないかしら?
(提携建築家による「単なるコンペ」だったら笑いますが。)
でも、結局、最後はみなさん、「自分だけの作品」を作りたい、
と思ったりはしないのかしら?といろいろと考えてみたりします。
どういう料金体系なのか、興味深いところです。
[PR]
by easternsky | 2004-09-21 14:12 | 日々のくらし | Trackback | Comments(4) Top

トラックバックURL : http://nshouse.exblog.jp/tb/1062017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shibasan at 2004-09-21 23:37 x
こんにちは、アーキッシュギャラリーやプログレッソといった感じでしょうか。妻の妹の旦那(家を新築予定)はプログレッソはうさんくさいといってました。建物は施主のものなので大きな聞く耳を持った設計士に頼みたいものです。
Commented by easternsky at 2004-09-22 10:29
shibasanさん、おはようございます。
ん?聞いたことないな、と思ったら、名古屋・大阪のプロデュース会社なんですね。作品集を見てきましたが、いいお家ばかりですねぇ。今回はRCで形が自由に作れるし、都心に近い住宅街ということでこういうデザインですが、絶景の場所に木をフンダンに使った、全面開口部、みたいな平屋も建ててみたいです。ところでアーキッシュ、、プロデュース会社ですが、↑は1つのプロジェクト(家)に建築家チームで取り組むみたいなんです。そこは新しいかな、と思うんですが、余計によくわからない、とも言えます。奥様の妹さんのところはプロデュース会社さんもよーく吟味されてるんですね!エライです。私たちは「1軒目」でダーン!家から近かったから(←これがよくない。。)

ほんとうです。最低限、聞く耳、を持っていただいて、施主の要望プラスアルファーのプランを提案していただきたいものです。でも、それってかなり難しいことですよねぇ。建築家自身が真に”豊な”生活をしていないと、聞いたことを理解できない危険性も高いと思います。
Commented by tazna at 2004-09-25 10:00
easternskyさん、こんにちは。昨日「建築家とつくる家」というコピーの、コーポラティブハウスのフライヤーが入ってました(プロジェクトという言葉もふんだんに使われてる)。ぱっと見、きれいな--千葉にしてはアカ抜けてる--フライヤーなので、郊外にくすぶっているプチこだわり派の興味をひきそうです。
でも、イメージの良さだけではちゃんとした家は建てられないのですよね。easternskyさんの記事、とくに最近upされた過去の経験談を読んで、建築関係の勉強をしておくこと、自分のスタイルを確立すること、他にも色んなことがあると思いますが、とにかく施工主は軍資金以外にパワー/熱意も必要なんだな〜、とあらためて感じ入っています。

とりとめなくて、すみません・・・。
Commented by easternsky at 2004-09-25 10:28
taznaさん、こんにちは!
コーポラティブ・ハウスはマンションと戸建の中間みたいな感じなのかな?と思うのですが、皆で土地を購入して、そこに自分たちの思い通りの集合住宅を建てる、という考え方はいいですよね!いやほんと、最近、「建築家」がキーワードのチラシが多いのには驚きます。おそらく、家は買うもの→プラニングからかかわるもの、が普及してきたのでしょう、きっと。

建築関係の勉強をしているのか?と言われると、やむを得ず、必要なところを浅く調べた、という感じです。はい。追求したいスタイルがあるか否かは重要だと思いますね!自分の「こだわりレベル」は知っておかないと、買ってから・建ててから、すぐに物足りなくなったりする危険性があると思います。パワーと熱意は、どうなんでしょう?あんまり出すと設計者はやりにくいんじゃーないかしら?(笑)。軍資金はやはり”自分のこだわりに応じて十分”用意しておく必要があると思われます、はい。