「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
スーさんがお星さまになってから、もうすぐ5か月になろうとしています。

どんどん、さびしくなるというのは本当でしたね。
最近よく、屋上で星空を眺めたりしますemoticon-0171-star.gif

病気だった子は健康な体に戻って、虹の橋で元気に走り回っています、
と思っていられるのは、正直、死んでから1ヶ月間くらいな気がしますね。
3月21日春の大法要。号泣することもなく参加。その後、獣医さんへの挨拶も涙なしで済ませた。
獣医さんからも、「意外と早く来ましたね。」と言われたしね。笑

そして、49日が過ぎた4月10日にお寺に納骨。
あの時も、少し涙は出たけど、遺骨を預けてホッとした。

4月18日、2回目の月命日。あの頃からつらくなり始めて、
そろそろ3ヶ月となる頃から、喪失感マックスで、
それが、ずーっと続いています。

スーさんが旅立った2月18日から、毎日、決してお花を欠かさず、
朝、一番にお水を換えて、蝋燭の明かりも1秒たりとも絶やさず。
海外等で家を空ける時には、持ちの良い花を頼んで、プリザーブドフラワーも用意して。
月命日前後には、スーさんの大好きだったトリーツを持ってお参りへ。

そして、もうすぐ、5回目の月命日がやってきます。
今度は、スーさんが大好きだったピーピーのおもちゃを持っていく予定。

数年前に、やはり愛犬のエアを送り出した友人が、
あ、今日は涙が出なかったな、と思えるまでに半年かかった、と教えてくれて、
ずーっとそれを頼りに生きてるんですけどね。
私の場合、半年って来月なんだけど、うーん、なんか、あやしいな。

最初は気が進まなかったけど、スー妹を迎えることに決めました。
スーさんはずっとこの家に居るんやから、もう1匹飼って、2匹体制にしよう、
と夫に言われて、うん、そうだ!そうしよう!と思ったけど、
子犬さんが来るのは楽しみではあるけど、さびしい気持ちは変わりません。
実際、スー妹の世話で忙しくなれば、まあ、そうも言ってられないというか、
life will be easierという感じになるのだろう。
まあ、それが重要ですよね。
それから、エアを飼えるのはもうこれが最後だろうな、というのもあります。
海外のようにエアの保護犬はめったにいないですからね、日本は。
犬を飼うということには、明らかに年齢制限があると思うし。

今は、1年前の今日は、、とか思わなくなったら、少しは楽になるのではないか、と思っています。
2年前の今日は、、とか、4年前は、、とか、言うのは難しいし。w

何匹か飼い続けている人から、生涯Heart Dogは1匹なのだ、とか聞くけど、そうなのかなあ。
まあ、その答えはずーっとずーっと先にならないと出ませんね。
おそらく、ずーっとずーっと、スーさんとスー妹2匹体制でやっていくような気がしています。
a0027014_19590050.jpg
が、いわゆる、「ペットロス」とは違うと思ってるんですけどね。w
心の中に占めるスーさんの大きさが、全然、変わらない、そういう感じ。
で、おそらく、変わらないのだろうな、と、そういう感じです。
とにかく、スーさんに元気よくさよならを言ったところで、ブログを製本しておいてよかったわ、はは。

スーさんの助けを借りて、スー妹をスーさんみたいにいい人にするぞemoticon-0177-toivo.gif

[PR]
# by easternsky | 2016-07-07 21:10 | &スー | Trackback | Comments(6) Top

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by easternsky | 2016-05-11 09:04 | ドラマ・ムービー Top

a0027014_15400730.jpg
昨夜、行ってきました。かなり楽しみにしてたんですけど、あれ?って感じ。どこか感動ポイントがあるのか。レオ様がオスカーをとったのはよく分かります。あれは過酷だわ。あの演技はすごいわ。けれども、結構、それだけの映画ですよ。言い切ってしまうと(汗)。隣で気持ち悪いから嫌、といい続ける人もいて(夫)、まあ、確かにね。もう少し、なんか感動巨編なのかと思ったんですけど。それとも、みなさん、感動したのかなあ。ま、観といたぞということで。

最近、ほんと、面白い映画がない。去年で言うと飛行機で見たチャッピーくらいかも。わざわざ映画館へ行くまでもなかったな、と思う映画ばかりです。去年の夏、観た「アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン」。あれは無理だわ。もうアベンジャーズ見に行かないことに決定。複雑になり過ぎていてちーとも面白くない。その後、「ミッション・インポッシブル・ローグネーション」へも行ったな、そういえば。まあまあだった気がします。ミッション~はそんなには外さない。次回も観に行く。そして、今年に入って、「ブリッジ・オブ・スパイ」を観たんだ、そういえば。あれはまあ良い映画でしたね。最近では、一番良かったな。

そうそう、そういえば、コリンの「ロブスター」へも行ったんだ!変な映画と分かって行ったからいいけど変な映画。コリンはやっぱり、演技力あるんじゃないのかなあ。食べたいだけ食べて太りまくって、腹の出た中年のオッサンに見事になってた。はは。レイチェル・ワイズも良い。レア・セドゥがすごくいい!スペクターなんかより、ずっと良かった。ただ、犬を殺すシーンがあるので×だわ。

この夏は、「インディペンダンスデイ」が来るので、楽しみではあるけど、映像的にはCG表現、極まってますからね。予告編を観た限り、「パシフィック・リムか」と思うような映像で。うーん、嫌いだわ、パシフィック・リム(笑)。ストーリーに期待したいと思います。X-menも来るし。

[PR]
# by easternsky | 2016-05-01 18:13 | ドラマ・ムービー | Trackback | Comments(2) Top

大人になってから3人目の先生決定。希望どおり、若い先生。いや、なんか若い方の方が良い気がするんです、わたしは。なにしろ、2011年の春以降、レッスン休止で、その後、勝手にやっていたわけなので、1人で仕上げた曲などありません。まあ、「別れの曲」はまあまあじゃないかと思うのですが(が、まだ聞いてもらってないので微妙ですけど)。

とりあえず、「スケルッォ2」をきちんと仕上げることになりました。細かいところで、間違って弾いていた箇所も数か所発見され、あー、やっぱり先生につくことにしてよかったわー。あとはシンフォニア希望なんですが、その前に、インベンションの9番をやることにしました。やっぱりバッハの練習は楽しい。

前回はすごく厳しい先生で、というか、すごく良い先生だったと思うけど、普通の人ではなかった気がします。一切、私語なし笑いもなしでリラックスできず。なんで大人になってこんな思いをするのか、みたいな気に途中でなったりして。週1レッスンもきつかったんでしょうね。毎週、火曜日が来るのが気が重くなってました。もし、楽しかったら、一時休止の後、再開していただろうと思います。

けれども、その大緊張で受けていたレッスンで得られたものも大きくて、5年のブランクはありますが、前よりは確実にマシになっているような気がします。いえ、気だけではなく、実際、何人かの人にそう言ってもらいました(前が酷かったということではあるんですが)。

先生にさえつけば、私はかなり真面目な生徒なので(子供の頃は一切、練習せずにレッスンに行ったりしていたけど)、きちんと練習するようになると思います。そういうわけなので、この明るい先生と月2回、楽しくレッスンをやっていけば、きっと、また、違う世界も見えてくるんじゃないかなあ、と淡い期待を抱いております。

[PR]
# by easternsky | 2016-03-24 10:39 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_21420620.jpg

参加者は軽く100人以上?1匹ずつ名前と享年が読み上げられました。ワンコで21歳っていう子が居て驚きました。また秋に参加したいです。立派なお位牌も出来上がりました。49日の納骨も、もうすぐですね。

帰りに、獣医さんへ挨拶と御礼に寄りました。行こう行こうと思いつつ、なかなか足が向きませんでした。やっぱり、獣医さんへ行くのはちょっとつらい。みなさん、そうみたいですね。そりゃそうですよね。スーさんと2人して、本当によく通ったなあ。最後は、夫も、よく付いて来てくれました。
[PR]
# by easternsky | 2016-03-21 21:33 | Trackback | Comments(0) Top

都内にはいくつか、というか、いくつも、ピアノサークルなるものが存在しているようです。しかし、気軽に登録して、参加できるとは限らない。というのも、人数制限をしているところが多いからです。月1くらいでみんなで練習会を、ということになれば、会場のキャパの問題&運営上のテクニカルな問題から、メンバーの数に制限を設けるのは当然です。小人数だと、クォリティの高い施設と楽器をレンタルできる、するだろうから、参加費は高くなります。それはいいけど、そういうサークルは「現在、募集は見合わせております」というケースが多くて、そう言われただけで、ちょっと敷居が高い。

人数制限はしない、というところもあります。敷居が低いサークルであることが存在意義のようなので、参加費も抑えている模様。運営はきっと、かなり大変でしょうね。大人数受け入れて、参加費を抑えられるレンタル会場となると、楽器のコンディションには期待できないだろうなあ。仕方ないだろうけど、でも、出ない音があるピアノは弾いても楽しくないですよね。

また、メンバー紹介に「20~30代メイン」とか、書いてあると、ひょとして婚活目的の人も多いのではないかしら?と思ってしまったりして(もちろんもっと年が上でも婚活ありですけど)、自分の年を考えると二の足を踏む。

1人で弾いていてもつまらない、仲間が欲しい、というのは最大の動機の1つ。そして、「本物のピアノが弾きたい」からという動機の人も多いでしょう。電子ピアノしか持ってない場合、どこかのスタジオや小ホールでグランドピアノが弾けるというのは、かなりテンションあがるよね。で、その動機がメインの人が多いサークルと、ピアノ上級者で「他人の前で演奏を披露したい」というのがメインのサークルでは、規模・運営形態が違ってくるんだろうな。

わたしの場合、技術レベルと動機が中途半端。年齢はハンパなく高齢。というわけなので、フィットするサークルは、、ないだろうなあーー。うちを会場にして主催しよかなemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0136-giggle.gif。まあとにかく、来週からのレッスンが楽しみです。

[PR]
# by easternsky | 2016-03-19 16:41 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(2) Top

スーさんの旅立ちから1ヶ月。今日は初めての月命日です。

スーさんを送り出して、まず、最初にやったのがピアノの先生探し。2011年3月の東北大震災後、レッスンを休止。その後、復活することなく止めてしまいました。おー昔😅。自分で好きな曲を弾こうと練習をしかけてみるものの、どーも最後まで弾ききれず放置。これじゃーいかん!と一念発起して去年の秋に某ピアノサークルに登録。月1練習会に3回ほど参加して、人前で弾くことや、他のメンバーの演奏を聴くことが刺激になって、また練習を始めていたんですが、今年に入ってからはスーさんの介護や病院通いが重なりまくり、3か月続けて欠席。

けれども、練習再開の決意は固く、無事、来週から新しい先生とのお試レッスンを始めることにemoticon-0159-music.gif。そもそも3月は調律月間。どうせなら新しい先生に来てもらう前にということで、調律に来てもらいました。ピアノの状態は全く問題なしで最高とのこと。(それでも通常の調律が必要なのかな。調律料金はいつも通り、いや高かった気がする😑) で、ベヒシュタインのグランドピアノは、このコンディションが今後、20年は続くそうです。さすがに100年持つと言われるピアノですね。

a0027014_12175246.jpg
先生についてきちんと練習するようになれば、ピアノサークルに行く必要はもうないんですけど、きちんと練習するようになったら、人前で弾きたい曲が増えるかも知れないし、やっぱり人のために弾く、とまでいかなくても、人に聴いてもらっている状態で弾くというのは重要。それに、他の人の演奏を聴くのはとても興味深いですからね。

さて、スーさんが虹の橋へ行ったのは、1ヶ月前の木曜日の午前中でした。以来、木曜日には近所の商店街でお花を買っています。今週はネットで購入してみた。来週月曜日は、スーさんのお葬式をあげたお寺で春季彼岸会大法要が行われるので、夫と一緒に参加します。夫がすごく楽しみにしているw。お願いしていた位牌も出来上がってきたらしいのでそれも楽しみ。
a0027014_12180125.jpg

[PR]
# by easternsky | 2016-03-18 13:15 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0) Top

a0027014_20480854.jpg
悲しいですが、ついにスーさん本が3部作として完結しました。ホームページを作った最初の3年くらいは、無料の日記サイトにアップしていたため、すべて消滅してしまったのですが(ざんねん!!)、その後、スーさん専用ブログを開設。途中からは、家ブログにスーさんタグを設けて、ちょこちょこエントリーしてきました。ここ数年は、家ブログのはずが、ほとんどスーさん専用ブログ状態となっていました(実家の母が読んでいたため)。

スーさんが旅立ってもうすぐ3週間。そろそろさびしくなる頃じゃあないの、という声もありますが、まあ、もちろん、常にさびしさはあります。問題はそれをコントロールできるか否かですよね。ブログ本を手に取って、あんなこともあったな、そうそう、そんなこともあったよね、と、読み返していると、改めて、スーさんが14年間超という長い時間を一緒に過ごしてくれたことに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

雷が怖くて私の机の下に隠れるスーさん、頻繁にお留守番に来てくれた母と遊ぶスーさん、連休中、熱を出してしまった私のことを「行かないの?」と振り返りもせず、夫について嬉しそうにとっととお散歩に行くスーさん。スーさんとの思いでは、本当に何にもかえがたい大切な家族の思いでです。

ここ数年は年に何度か、ひょっとして、という事態が起きつつも、そのたびに復活してくれてたスーさん。私たちと一緒に居たいという気持ちで、ギリギリまで頑張ってくれたのだと思うとemoticon-0106-crying.gif、涙がこみあげますがemoticon-0120-doh.gif、やっぱり、こう声をかけたいです。スーさん、お疲れさまでした!RIP❣️

Rest in Peace!
スーさん、安らかに眠ってね。
私が行くまでemoticon-0177-toivo.gifemoticon-0171-star.gif

というわけで、わたくしは、また、家づくりプロジェクトに専心したいと思いますv。スーさんの銅像を作って庭に建てるよwemoticon-0152-heart.gif

[PR]
# by easternsky | 2016-03-08 21:09 | Trackback | Comments(2) Top

2月20日、土曜日。東京は午後から強い雨になりました。13:00、スーさんを白木の箱にそっと入れて、母が作ってくれた洋服をかけて(化繊は入れられないので綿のものがあってよかった!)、大好きだった牛の干し肉と牛筋を口の周りに置いて、私と夫がそれぞれが書いた手紙と私たちの写真を前足の間に挟んで、我が家から送りだしました。葬儀場では、スーさんの体が見えないほどお花を飾ってもらい、顔の周りには私が用意した白いバラを置きました。本当にかわいくて、お昼寝しているようにしか見えなかったスーさん。あんなにかわいいまま送り出せたことを嬉しく思っています。お経を上げてもらって、火葬の後は、説明を受けながら、夫と二人でお骨を拾いました。

2月に入って、病院通いで皮下点滴。家でも点滴を始めたのが2月12日、金曜日。けれども日々、衰弱。それでも、2月14日、日曜日、14歳と11か月の誕生日をスーさんスマイルで迎えることができました。でも、何も食べられなくなりました。2月15日、月曜日、午後くらいから後ろ足が立たなくなって寝たきりになりました。そこからもう、一切、外出もせず、夜も付き添ってシーやうんちの際は支えてやりました。ペットシーツもそのたびに交換。土曜日まで出張だった夫が、水曜日の深夜、スーの介護を代わるために帰ってきてくれて、スーさんの肉球を握って、一晩、寝てくれました。そして、次の朝、スーさんは旅立って行きました。

皮下点滴開始から7日、食べなくなって4日、後足が立たなくなって3日。苦しい最後ではありましたが、最速で楽になって、旅立ってくれたことに感謝しています。エアデールで14歳と11か月と4日です。大往生です。しかも、病気の百貨店だったのに。1週間前まで、お散歩もできたし、ドライブも楽しめました。早く楽になって欲しかったので、もう少し一緒に居て、とは全く思わなかった。14年と数か月の間、海外も最小限、日々のお留守番もあってもマックス3時間、散歩をスキップしたり、端折ったりしたこともなく、外出してスーさんの夕飯が遅くなったりしたこともなく、本当に最大限、一緒に居ました。自分たちの都合でスーさんのプログラムに皺寄せしたことはなかった。

数日、つらかったですが、お葬式を済ませたら、かなり気持ちが落ち着き、翌日、日曜日には、悲しみの涙も出なくなりました。スーさんのものをすべて処分、というようなこともしていません。夫も残してほしい、というので、スーさんのピーちゃん毛布とか洋服とか、大半のものはきちんと整理して、物置の棚に並べました。さすがに14年以上、一緒に居たので、スーさんとの毎日をつぶさに思い出すし、ふっとスーさんの気配を感じるのですが、そんな時、自然に笑顔になります。そういうすべてのものが、悲しみと、会いたい気持ちを運んできて、いたたまれなくなるのかと思ったけど、違ってました。スーさんの写真を見ると、やっぱり笑顔にしかならない。全くやり残したことがないと思えるので、スーさんの旅立ちからまだ5日しかたってないのに、既に立ち直りました。というか、悲しむ要素がないんですよね。不老不死を望むのでもない限り。

遺骨にお水や大好きだった食べ物をお供えするのも、スーさんを世話をする形が変わっただけのような気がします。ただ、、近所を歩くと、ちょっとだけつらいかな。スーさんなしで歩いたことなんて、ないですからね。でも、それも、やっぱり、目頭がちょっと熱くなって、スーさん、とつぶやいてしまう程度です。

今後は、スーさんの魂はどこでもいっしょ。全く帰りを気にせず外出できる。憧れの、「買い物したあと映画」とかもOK!美容院が長引いてもイライラしなくてOK! 海外遠征も激増することでしょう。14年と3か月と4日間、本当に素晴らしいスーさんとの時間でした。いや、これからも、スーさんとの時間は続きます。そう、感じるので、まったくさびしくないです。いや、ほんと、自分でもどーなることかと戦々恐々としてたけど、だいじょうぶ、スーさん、だいじょうぶだったわ、スーさん。本当にありがとー。スーさんのおかげだ。これからもよろしくね。スーさんを見守っていただいていた方々も、本当にありがとうございました!
a0027014_12440900.jpg

[PR]
# by easternsky | 2016-02-23 13:23 | &スー | Trackback Top

疲れさせて体調でも崩したら大変し、留守番させるのも嫌なので、行くのをやめようか、とも思ったんですけど、もう最後になるかも知れないし、思い切って連れて行きました。車の中ですごく嬉しそうにしていたスーさん。角膜ジストロフィー→角膜潰瘍悪化→デスメ膜瘤破裂、となってしまった左目は、目を閉じていた方が早く治ると言われて、人間用の眼帯をテープで止めてみたんですが、寝ておきたらもうズレてる!!!
a0027014_21305160.jpg
逗子に到着。着いた頃には、眼帯崩壊、、、。上から包帯で巻くと、窮屈らしく嫌がるので、テープで止めるだけにしているんですが、なにしろファーボールさんなので、毛の上じゃテープはきっちりはひっつかない。でも、その分、気にならないみたい。帰り道は途中から寝ていたスーさんですが、ものすごく楽しそうに歩いてました。やっぱり、みんなで一緒に行ってよかったな。よい想い出になりました。
a0027014_21223130.jpg

[PR]
# by easternsky | 2016-02-08 21:33 | &スー | Trackback | Comments(2) Top